コラム

2018 W杯ベルギー戦で最高の試合を見せてくれた日本代表はかっこよかった

2018ロシアW杯、残念ながら日本はベスト16でしたね。代表選手はホントにお疲れさまでした。

結果的に試合には負けてしまったけど、優勝候補と名高いベルギーを相手に一歩も引かず善戦してました。

今大会は本戦直前での監督交代やフェアプレーポイントを活用した戦術に賛否両論起きたりと、とにかくバタバタしてた印象です。

ちなみにぼくはポーランド戦での戦い方は肯定派です。あの試合の後に批判してる人が多かったからこんな記事も書きました。

関連記事:フェアプレーポイントでW杯決勝トーナメント進出を決めた日本は素晴らしい!

監督含め選手たちは予選リーグ突破なんかよりももっと高いところに目標を掲げていたからこその戦略。

こういった批判的なムードの中でも、ベルギー戦はホントに素晴らしい試合をしてました!

興奮度がわかるツイートまとめ

原口、乾の得点にはまじで興奮した

ぼくは夜勤の当番中だったので、会社で妻とLINEしながら試合を見てました。

サンタク
サンタク
原口でボールが止まり気味だから本田と原口の交代かも

なんて偉そうに妻にLINEした直後、原口が先制点をとってくれました(笑)

まあ自分をフォローするわけじゃないけど原口は前半から何度か危ないプレーがあったんですよ。自陣ペナルティエリア付近でボールを奪ってからドリブルで仕掛けたりキープしたり。

いやいやさすがにそこのドリブルは必要ないだろと思いながら見てたので、早いところ修正しないとベルギーにペースもってかれるぞとか思ってたわけです。

だからこそ、原口の先制点は不安要素のすべてを払拭する威力がありました。

キーパーの動きを冷静に見ながら左サイドに蹴りこんだシュートは見事。素晴らしかったです。

原口の先制点から数分後、香川→乾のホットラインから完璧なシュートを決めましたね!

さすがセクシーフットボーラー乾、無回転で「ここしかない」というコースに決めてくれました。

この時点では日本の勝利をほぼ確信してたんですよね…。

強豪ベルギーの底力はハンパなかった

サッカーは二点差が怖いとはよく言われますが、今回の試合はまさに「二点差」を返された試合でしたね。

ベルギーよりは攻撃のチャンスが少なかった日本ですが、その少ない攻撃のチャンスにはベルギーよりも得点の雰囲気がある形を作れてたように思います。

それでも波状攻撃を続けるベルギーにこじ開けられた感じですね。やっぱりこういうところの底力は強い。これが強豪たる所以なんだろうなと感じました。

試合終盤ラストチャンスの本田のフリーキックも、無回転でしっかり枠に飛んでたのにしっかり止めてくるクルトワ。

あれほどの名手がゴールを守ってくれるとフィールドプレイヤーも安心してプレーできるだろうなーなんてないものねだりをしちゃいます。

とにかく圧倒的な個の力のちがいを見せつけられました。

同年代が頑張る姿に勇気をもらった

今回のメンバーはベテラン組が多いからか「おっさんJAPAN」なんていう不名誉な呼び名がつけられてましたね。

本田、長友、岡崎。ぼくはこのあたりの選手と同い年です。

みんなそれぞれに役割を果たして頑張ってましたね。

年を重ねていくにつれて体のあちこちも衰えてくるので、今回の大会にコンディションピークのタイミングを合わせてくるのが難しい中で、よく調整してたと思います。

特に長友はフル出場が続いてる中であれだけの走力を持続できてることがすごい。日ごろのトレーニングの成果がしっかり反映されてますね。

ぼくもまだまだ頑張ろうと思えました!