ASUS W203MA-FD044Tを徹底レビュー!このスペックと値段なら文句なしです

asus-w203ma-fd044 レビュー

あ、どーもサンタクです。

ASUS W203MA-FD044Tという激安ノートPCを2年ほど使っています。

3万円台という驚異的な安さなので、使用感はどうなのか気になってる方も多いかと思います。

2年使ったぼくの結論としては、大きな不具合もなく、サクサク動いてくれてるので大満足です!

せっかくなので、ぼくの使用用途や使用環境なども交えつつレビューしてみますね。

ASUS W203MA-FD044Tのスペック

  • OS:Windows 10 S 64bit
  • ディスプレイ:11.6型ワイドTFTカラー液晶(1,366×768ドット)、グレア液晶
  • CPU:インテル Celeron N4000(4MBキャッシュメモリ、最大2.60GHz)
  • メモリ:RAM 4GB(LPDDR4-2400) / ROM 32GB eMMC
  • バッテリー駆動時間:最長約15.1時間

保存容量の少なさにやや不安はありますが、その他は全体的に悪くないですね。

3万円を切るノートPCでこれだけのスペックなら、サブPCとしては優秀です。

ASUS W203MA-FD044Tの使用用途

ぼくがこのPCを使ってどんなことをしてるか簡単に書いてみますね。

  • ブログ執筆
  • ワードプレスカスタマイズ
  • アイキャッチ画像作成(Canva
  • YouTube視聴
  • ネット閲覧

基本的にこれぐらいですね。

iPhoneのバックアップはicloudでとってるからPCは使いません。

この程度の用途なら、ほぼストレスなく使えますよ。

ただ、画像編集はやや力不足を感じるときもあります。

ASUS W203MA-FD044Tは1kg未満。薄い!軽い!!

ASUS W203MA-FD044Tの一番の特徴は『軽さ』です。

初めて持ったときは感動しましたよ。軽すぎて逆に不安になったぐらい(笑)

ぼくは外に持ち出して使うようなことはほとんどありませんが、家の中で割りと頻繁に作業場所を変える癖があるんですよ。

ダイニングの椅子に座ってカチカチやって、飽きてきたらリビングのこたつに座ってカチカチ。

このちょっとした移動でも、重量があるPCだとめんどくさかったりするんですよね。

寝る前にちょこっと作業したいなんてときにも、ベッドに座って膝の上にPCを置いてもまったく負担になりません。

ASUS W203MA-FD044Tはバッテリーの駆動時間が長い!

カタログ値で15時間となってますが、記事冒頭部分に書いたぼくの使い方で7~8時間ぐらいですね。

まあカタログ値なんてものは車の燃費とかでもそうですけど、だいたい半分ぐらいで見といた方がいいですよ。

それでも7~8時間使えれば優秀ですよね。

15時間も連続でバッテリー駆動させてたら、たぶんこのPCから煙吹きます(笑)

これぐらい長持ちしてくれればモバイルバッテリーなどの充電器を持ち歩く必要がなくなるから荷物も減りますね!

充電時間はかなり早い

バッテリーの駆動時間が長いのもそうですが、充電時間の早さって意外と重要ですよね。

ぼくは割と重視します。

フル充電で7~8時間使えて、充電時間に7時間かかりますじゃあ意味ないんですよ。

でも、ASUS W203MA-FD044Tは充電時間が早い!

正確に計ったことはありませんが、充電ゼロの状態から満タンまで、体感で2時間もあればできますね。

ASUS W203MA-FD044Tはキーボードが打ちやすい!

キーボードの打鍵感は、文章作成を頻繁にする人にとってはかなり気になるところですよね。

ぼくは毎日のようにブログ、ツイッターをASUS W203MA-FD044Tでやってるので、1日平均7000文字は書いてますが、文字入力はかなりスムーズです。

欲を言えばキーボードのストロークがもう少し深いといいんですけどね。

入力時にぺちぺちなるのがちょっと…。

まあPC本体の薄さを損ねるぐらいならここは妥協できるレベルです。

キーボードにこだわりたい人は外付けのキーボードで対応してください。

「ワイヤレス・テンキー付き・安い」キーボードならこれがおすすめ。

ASUS W203MA-FD044Tは高級感がある!

深みのあるダークブルーからはチープ感がまったく感じられません。

これ値段知らないで見たら普通に10万円超えのPCと見た目に遜色ないですよね。

さすがに2年も使い込んでるとヒンジ部分や出っ張りの塗装がはげてきましたが、経年劣化もアジです。

やや指紋が目立ちますが、気になったときにウエットティッシュで拭き取れば問題なし!

キーボードは雑菌だらけになるので、定期的に掃除しましょう。

ASUS W203MA-FD044Tの欠点

これという欠点は2年使っていて感じたことはほとんどありませんが、あんまり褒めてばかりでも胡散臭いので、いくつか気になる点を書いておきます。

画像、動画編集は×

ASUS W203MA-FD044TのCPU速度は「1.1 GHz」です。

これぐらいのスペックだとさすがに負荷がかかる作業はしんどい。

ぼくはブログのアイキャッチ画像をCanvaというフリーソフトで作成していますが、ちょっとした画像編集でももたつきます。

画像でもたつくぐらいなので、動画編集はほぼ不可能だと思ってください。

PCの購入目的が動画編集の人は、もっとスペックの高いPCを選びましょう。

動画編集のおすすめなら、やっぱりクリエイターが好んで使うMacBookPROですね。

これぐらいのスペックがあれば動画編集もサクサクできます。

タッチパッドは感度が微妙だからマウスは必需品

タッチパッドでスクロール操作なども簡単にできますが、感度は微妙ですね。

反応が2テンポぐらい遅れるときもあるので、ぼくはマウスを繋いで使ってます。

自分が意図したところにカーソルがきてないと、思わぬ誤操作を起こして大事な資料を作成してるのに保存前にすべて消去してしまったなんてことにもなりかねないので、マウスが無難ですよ。

ちなみにぼくは1万文字の記事があと少しで完成して保存するだけという状態で消えました。

ワードプレスのバックアップのおかげで奇跡的に助かったけど、あのときはまじでパソコンを逆パカしてやろうかと思いましたね。

[jin-iconbox10]【口コミ】amazonで一番安いワイヤレスマウスの使用感をレビュー[/jin-iconbox10]

ゴム足が劣化して滑る

経年劣化なので欠点にしていいのかわかりませんが、2年ほど使い込むとPC本体裏のゴム足が劣化して滑り止め効果を成さなくなりました。

机にPCを置いてキーボードをカチカチやってると、どんどん奥に滑っていっちゃうんですよ(笑)

使い始めの頃はそんなことなかったので、やっぱり経年劣化ですね。

滑り止めマットを下に敷いて使えば解決です。

光沢液晶は映り込みが気になる

ASUS W203MA-FD044Tの液晶は、光沢液晶なので、作業場所や画面の開閉角度を考えないと目が疲れます。

これも欠点というほどではないし、ほとんどのメーカーから出てるPCは光沢液晶なので、個人の好みの範疇ですね。

画面に自分の顔が映りこむのが気になる人はノングレアの画面フィルムを貼れば解決です。

保存容量が32GBは不安

最近のPCはSSD128GBが主流になってきてますよね。

そんな中でASUS W203MA-FD044Tは32GB eMMCと、かなり少なめの模様。これぐらいの容量だと知らないうちにデータ容量がパンパンになって、PCの動作にも影響が出てきます。

ぼくは、データ保管は外部デバイスに任せて、PC本体の保存領域になるべく負荷をかけないように使ってます。

TranscendのUSBはスライド式でキャップの紛失も防げるからおすすめですよ!

ASUS W203MA-FD044Tはこんな人におすすめ!

ASUS W203MA-FD044Tのおすすめポイント、ここはちょっとというポイントをそれぞれ書いてきましたが、総じて言うと大変優秀なサブPCですね。

仕事でがっつり重い作業をしたりする人にとっては、メインPCにできるほどのパワーはありません。

PCで軽くネット閲覧したり、ちょこっとYouTube見たりする程度の使い方が目的の人なら、メインPCにしても全然OKです!

ぼくは重い作業は画像作成ぐらいで、あとはブログ執筆が9割なのでこれ一台で2年ほど過ごしてますが特にストレスは感じてないです。

もともと安いPCですが、amazonのセールなどでかなりお得に購入することができます。

セール時期やお得な商品のご案内は【2019年版】amazonプライムデーで子育て世帯が狙い目商品まとめという記事にあるので、ASUS W203MA-FD044Tを検討してる人は参考までに見てください。

https://santaku8.com/cybermondaysale/

 

[box05 title=”この記事で紹介した商品一覧”] [/box05]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA