指先の抜糸は超痛い!どんな痛みかわかりやすく例えてみる

あ、どーもサンタク(@santaku817)です。

手を負傷してから2週間が経ちました。

このツイートをしたのが2019年2月21日。

爪は剥がれるし、指先が裂けるしとんでもない大ケガを負ったわけです。

しかしよく考えると2019年が始まってまだ3ヶ月しか経ってないのに散々な目に遭ってるな…。

年明け早々インフルになるわ、手をケガするわ。

次は何が待ってるんだい?

傷口をピンセットでこねくり回すような痛み

話が逸れました。

約2週間前に2針縫った指先。

ついに今日、抜糸してきましたーーー!

はい。

自分の記憶にある限りでは今日の抜糸が人生で一番痛いことでした。

もうね、痛いなんてレベルじゃないんですよ。

抜糸をしてくれてる先生にこんなこと言うのもなんだけど『お前はホントに医者か?』と言いたい。

なるべく患者が痛くならない処置をとか考えてくれないもんなんですかね。

なんなら麻酔してくれてもいいんですよ?

物心ついてから抜糸した記憶がないからビビってたんですよ。

抜糸の痛みってどんな感じ?と人に聞くと、『チクチク』とか、『注射よりちょっと痛いぐらいだよ』とか言う人いるんですけど、お前ら全員嘘つきだからな!

何がチクチクだよ。

そんな生易しい例えに騙されてた自分がバカだった…。

めちゃめちゃ痛い!

ピンセットとかペンチみたいなやつで傷口を掴んでぐりぐりされてるような痛み。

縫うときは麻酔してくれるのに、抜糸のときは麻酔しないのが不思議なぐらい痛いですよ。

二度とあんな痛い思いはしたくないですね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA