口コミ

【口コミ】バイクセンター松戸で中古の原付購入したから本音でレビュー

あ、どーもサンタク(@santaku817)です。

通勤用に中古の原付を購入しました。

予算は一応10万円以内で考えてたんですけど、できれば購入資金を抑えたいですよね。

最初は、メルカリやジモティなどの個人売買で探そうと思ってたんです。

個人売買なら3万円ぐらいで買えるんじゃないかと思って見てみたら、普通に高い…。

どんなに安くても5万円ぐらいなんだけど、整備状況に不安があるし、買ってみてすぐ壊れたら嫌だなーと思ったから個人売買は諦めました。

 

んで、妻と2人でネット検索しまくったところ、バイクセンターというお店が原付の在庫豊富だし値段も安いことがわかったんです!

どの原付も大体『走行距離疑義車』と書かれてるからちょっと心配してたんですけど、そのあたりの事情も店員さんに確認してきました。

結論から言うと、バイクセンターで中古の原付を買うのは何の心配もいらないですよ!

購入したバイクは『SUZUKI letts4(レッツフォー)』

メーカー:SUZUKI
年式:2012年
走行距離:走行距離疑義車(メーター表示約1800km)
排気量:50cc
価格:約70,000円

現物写真はまだ撮ってないのでメーカーの公式サイトから借りてきました。

7年落ちにはなりますが、現物は割とキレイでした。

車体右側に擦り傷が多少あったぐらいで、外観は良好でした。

 

リアタイヤは交換済みで、溝もかなり残ってる状態。

ただフロントは溝がほとんどなかったので、納車前に新品交換してもらいました。

ちなみにタイヤ交換は部品代のみ(約3,000円ぐらい)で、工賃はかからなかったです。

これが納車後の交換になると工賃(約4,000円ぐらい)もかかるそうなので、もし購入する場合はタイヤの溝もチェックした方がよさそうですね。

 

お店で実写確認させてもらったときに、セルの動作確認もしてくれました。

安定のエンジン一発始動!

セル一発でエンジンがかかるかどうかは中古のバイクを購入するときの大事なチェックポイントです。

支払いイメージ

バイクの支払いって具体的に何が必要なの?

初めてバイクや車を購入するときって、何で車体価格にいろいろ上乗せされるのか疑問じゃないですか。

なので、ぼくが支払った約70,000円の内訳をざっくり書いておきますね。

約70,000円の内訳
  • 車体価格:30,000円
  • 納車前点検費:約20,000円
  • 自賠責24ヶ月分の差額:約2,000円
  • タイヤ代(フロント一本分):約3,000円
  • サイドスタンド部品代:約4,500円
  • 消費税:約5,000円

だいぶざっくりした計算でごめんなさい。

支払いイメージとしてはこんな感じでした。

原付のナンバー登録代行を頼むと、自宅がある場所によってはものすごく高くなります。

ちなみにぼくの場合だと8,000円ぐらいかかると言われました。

自分で役所に行けば無料でナンバーを交付してもらえるので、代行してもらうのはもったいないですよ。

ぼくは平日に役所に行けないから妻に代理で行ってもらいました。

バイクセンターでは、支払いにクレジットカードは使えません。

現金かローンのみの取扱とのことなので、購入時は事前に計画しておいた方がよさそうです。

走行距離疑義車とは?

肝心の走行距離なんですけど、バイクセンターで売られてる原付のほとんどは『走行距離疑義車』と書かれてます。

パット見の印象だと不安しかないですよね。

ぼくも確認するまでは心配でした。

 

この『走行距離疑義車』の意味なんですけど、故意にメーターを改ざんして、そのことを告知せずに販売するのは違法です。

こういう悪徳業者いますよね~。

特に原付の場合、走行距離が1万kmを超えるとメーターが一周してゼロに戻っちゃうんですよ。

この告知義務違反を防ぐために、バイクセンターでは『走行距離疑義車』として展示してるとのことでした。

 

ぼくが購入したバイクはメーター表示で約1,800kmだったんですけど、7年落ちのバイクでさすがに1,800kmしか走ってないことはないですよね。

バイクセンターの店員さんいわく、外観・駆動系・タイヤの状況などから見ても、恐らくメーター一周(約11,800km)が実走行じゃないかと言ってました。

中古の原付を探すなら走行距離は15,000km以内にした方がいいそうなので、ここはクリアしてます(店員さんを信じれば)

 

店舗で実車確認をするときに、気になることをあれこれ質問すると包み隠さず答えてくれます。

ぼくも超細かいキズとかについて「これは何ですか?」なんて聞いてみたんですけど、車体全体の状況を見て、恐らくこういう状況でできたキズだと思いますと、憶測ではありますがしっかり答えてくれました。

事故歴、修復歴なども隠さないで答えてくれるので安心して店員さんを信じていいと思いますよ。

バイクセンターは納車前点検もバッチリやってくれる

ぼくが購入したバイクは、車体価格だけで言うと約3万円ぐらいでした。

展示してる状態に何も手を加えなければ車体価格だけで買えるよーという『現状販売』という買い方もできます。

バイクに詳しい人ならこの買い方でも問題なさそうですね。

車体だけ購入するならかなりお得です。

 

ただ、納車前点検費用として約2万円ほど支払うことで『走る・曲がる・止まる』を何の問題もなくできる状態にしっかり整備してくれます。

  • プラグ交換
  • チェーン交換
  • オイル交換
  • バッテリーの充電
  • 自賠責12ヶ月分

このあたりが点検費用の2万円に含まれている項目です。

個人売買の場合だと、こういった整備点検はやってもらえないですからね。

こういうところがお店で購入する安心感に繋がるんですよ。

 

余談ですが、バイク購入時にサイドスタンドを取り付けてもらったんですけど、これも部品代のみで工賃はとられなかったです。

これだけはどうしても着けたいと思ってる物があれば、購入時に合わせてお願いした方がお得ですよ!

バイクセンターは納車時の配送もやってくれる

ぼくはお店まで引き取りに行ったんですけど、納車時は自宅まで配送もしてくれるそうです。

配送料金は恐らく距離によって変わると思いますが、お店から自宅まで20km以上あるぼくの場合で5,400円ぐらいだったかな?

まあ参考までにこれぐらいですって感じで書いておきますね。

忙しくて取りに行く時間がない人にとってはありがたいサービスだなと思います。

 

ぼくも配送を頼もうか迷いましたが、5,400円をケチりました(笑)

せっかく購入したバイクだし、試走ついでに乗って帰るのも悪くないですね。

あ、引取に行く場合はヘルメットを忘れずに!

バイクセンター松戸のアフターフォローは?

中古の車体には当たり外れがあることぐらいはわかってるけど、それでも購入してすぐ壊れてしまったりした場合の保障はほしいですよね。

バイクセンターでは、中古のバイクを購入したときの保障として『1ヶ月もしくは1000kmまで保障』してくれます。

内容は、基本的な『走る・止まる・曲がる』に関しては保障してくれるそうです。

消耗品(ブレーキ、タイヤ、ガソリンなど)は保障の対象外なのでご注意を。

納車してからしばらく乗ってみて、何か違和感を感じたらすぐに持っていった方がよさそうですね。

動かなくなった車体を持っていくのは大変なので。

オイル交換は1,000円ちょっとでやってくれる

バイクを長持ちさせるためにオイル交換は欠かせません。

ただ、自分でやるのはめんどくさいとか、やり方がよくわからないという人はバイクセンターに持っていくといいですよ。

納車時に、原付のオイル交換は1,000円ちょっとでやってるから時期がきたら持ってきてくれればやりますよーと言ってくれました。

ちなみに、オイル交換は2,000km~3,000kmでやるのがいいです。

 

余談ですが、バイクセンターではカストロールを使ってます。

ぼくが購入したバイクを引き取りにいって乗って帰ってくるとき、なんか甘い香りがするなと思ってたんですよ。

どこかで嗅いだことがある懐かしい香り。

何のニオイだっけかなぁと必死に記憶を引っ張り出して「あ、カストロだ!」となったわけです。

若い頃に原付乗ってたときは、『特攻の拓』の影響でカストロのオイル入れてたから、なんだか懐かしい香りに包まれながら帰路を楽しめました。

バイク屋さんは業務用の聞いたことないようなオイルを入れてるんだろうなと勝手に思ってたんです。

まさかカストロを入れてるとは思わないじゃないですか。高いし。

バイク屋さんが好んで使ってるってことはやっぱりカストロのオイルはいいものなんだろうなー。

バイクセンターは店舗間で在庫の共有をしてる

バイクセンターは、中古から新車まで在庫を豊富に取り揃えています。

松戸店以外にも東京・神奈川・埼玉・千葉で18店舗を展開してるので、店舗間で在庫の共有なども行ってるそうですよ。

例えば、ネット検索で見つけたドンピシャでほしいバイクが自宅から遠かった場合、最寄りのバイクセンターに相談することで取り寄せてくれます。

もし、新車で購入したいバイクの車種が決まってるけど在庫がないなんてときも、メーカーから直接仕入れてくれるみたいです!

 

ぼくが購入した松戸店にも、新車のバイクが数台並んでました。

やっぱり新車を見ると目移りしちゃうからよくないです。

完全に予算オーバーだから買えないんですけどね(笑)

バイクセンターでは評価点の低いバイクを仕入れない

バイクセンターの仕入先は海外や国内のオークションなどをメインにしてるそうですが、オークションの評価点が低い車体に関しては仕入れないようにしてるそうです。

その理由は、利益を追求して安く仕入れても、あとあとトラブルになることが目に見えてるから。

評価点の高いバイクを仕入れてきて、さらに納車前にプロの目でしっかり整備してるとのことなので、信頼してよさそうです。

前述した通り、中古でも保障はしてくれますから安心ですね。

店員さんは良くも悪くも『バイク屋の兄ちゃん』って感じだった

バイクセンター松戸店でぼくの担当をしてくれた店員さんは、接客態度で言えばまあ『普通』といった感じでしたね。

めちゃくちゃ丁寧な接客ではないけど、特に不快になる要素もない。

まさに可もなく不可もなくです。

まあバイク屋さんに求めるのは接客態度よりも技術ですからね。

ツナギ姿でぼくの質問に淡々と答えてくれましたが、自分からバイクを売り込むためにセールストークをしてくるようなことはなかったので、逆に居心地がよかったです。

ぶっきらぼうでも安心して乗れるバイクを提供してくれることの方が大事だと思います。

バイクセンター松戸の住所や最寄り駅

 

・住所:千葉県松戸市牧の原1-94
・電話:047-385-8410
・営業時間:10:00~19:00
・定休日:年中無休(年末年始を除く)

最寄り駅は『新京成線 八柱駅』です。

歩くと15分~20分ほどかかると店員さんが言ってました。

大通り沿いにあるので、割とわかりやすいですよ。

バイクセンター松戸から一番近いガソリンスタンド

納車したバイクはガソリンが空に近い状態です。

いつガス欠してもおかしくないので、まずは給油を最優先にしましょう!

ということで、バイクセンター松戸から一番近いガソリンスタンドの情報を置いときますね。

お店から1分ほどの場所にエネオスがあります。

距離にすると約200m。

まずはここで給油しておくと安心です!

【ENEOS八柱SS】
・住所:千葉県松戸市日暮6丁目87
・電話:047-383-0541
・営業時間:24時間営業

まとめ:中古の原付を安く買いたい人はバイクセンターがおすすめ

今回、初めてバイクセンターで購入しました。

原付とはいえ、それなりに大きな買物になるからやっぱり誰でも慎重になると思うんですよ。

妻もめちゃくちゃ探してくれたし、ぼくも中古の原付を購入するときのポイントはかなり調べました。

バイクは車とちがって生身の体で運転するから、その分、安心して乗れる車体じゃないと怖いですよね。

ぼくは通勤の往復で毎日30kmほど走るので、できるだけ良好な車体を安く買いたいと思ってたんです。

バイクセンターに数ある車体の中でも比較的年式が高めでキレイな車体と巡り会えたうえに、値段も予算内。

ネット検索で理想どおりのバイクが見つからないという人は、一度バイクセンターに足を運んでみて店員さんに相談してみると探してもらえるかも。

バイクセンター、おすすめです!

https://santaku8.com/workman-aegis/