プレゼントの選び方

【プレゼントにもおすすめ】 予算3万円以内の男性ブランド財布ランキング

男性 ブランド財布 ランキング

財布の買い替えを検討してるけど、何のブランドでどんなタイプの財布にしようか迷ってる方。

この記事では、男性におすすめのブランド財布をまとめておきました。

自分で買う方はもちろん、女性から男性に財布をプレゼントするときの参考になれたら幸いです。

財布はお金の家』とも言われてるので、大切なお金を守る家はじっくり選んで決めましょう。

サンタク
サンタク
財布はちょっと無理してでもいいものを選んだ方が金運上がるらしいですよ!

個人的にラウンドファスナータイプが好きなので、写真はラウンドファスナーが多めになってますが、各ブランドとも二つ折りタイプもあります。

画像やリンクをクリックすることで商品ページに飛べるので、お好みでお選びください。

すでに予算がある程度決まってる人は、目次から予算ごとの部分まで一気にいけます。

おすすめ男性ブランド財布 予算 ~1万円

 

財布の予算を1万円ぐらいまでで考えてるけど、低価格で上質なものを使いたいと思ってる人向け。

カルバンクライン(CalvinKlein)

男性 ブランド財布 ランキング

香水や下着などでも人気の高い「カルバンクライン」の財布。

知名度が高い割りに商品ラインナップも低価格のものが多いのが特徴です。

特に20代前半の男性から絶大な支持を得てるブランドですね。

低価格なのに素材やデザインが上質なので、大人の男性にぴったりな財布です!

ヴァキュア(VACUA)

「銀と金」という深夜ドラマで俳優の池松壮亮さんがヴァキュアの財布を使ってます。

ヴァキュアは、素材にスペインレザーをふんだんに使ったうえにデニム加工が施されているので、ファッション性や耐久性の高さも魅力的ですね。

スペインレザー裏側にマイクロファイバーを特殊加工してるので、水に濡れても安心。アウトドアやフェスの場面で大活躍間違いなしですね!

アクティブな男性におすすめです。

ポータースモーキー(PORTER SMOKY)

レザー素材ではありませんが、リーズナブルなのに耐久性が高いのが特徴です。

安いものでは5,000円ぐらいからありますので、中学生~高校生にプレゼントするのにぴったりかも。

使い込むほどにアジが出てくるので、経年変化を楽しみつつ長く愛用することができるのが「ポータースモーキー」シリーズの財布です。

ラファエロ(Raffaello)

パッと見の印象では、とても1万円以内で買えるような財布ではないほどの高級感が漂ってますね。

それもそのはずで、ラファエロは世界のVIPに向けて上質な革製品を20年もの長い期間提供し続けてきた革職人が作ってます。

素材に牛革を使ってるので、使えば使うほど手になじんで自分だけの財布へと変化していきますよ。

画像のモデルはダークワイン色の他に3色展開してるので、ちょっと自分には渋すぎるかなと思った方も一度見てみてください。

アーノルドパーマー(ARNOLD PALMER)

傘のマークでおなじみ「アーノルドパーマー

幅広い年齢層から支持されてるアーノルドパーマーは機能性の高さと値段の安さが魅力です。

使い込むほどに手になじむ牛革素材で、デザインがシンプルなのもいいですね。

この完成度と知名度のブランド財布が1万円以内と言っても、1万円ギリギリなんでしょ?と思いました?

気になる方は詳細をチェックしてみてください。値段の安さに驚くはずです!

栃木レザー

栃木レザーは栃木県に本社を構える、昭和1937年創業の皮革(ひかく)製造メーカー。

植物性タンニンなめしを専門にレザーを製造するタンナーで、天然の植物由来のタンニン槽の中でじっくりとなめされた栃木レザーは日本一の品質を誇ります。

皮から革を製造する職をタンナーといいますが、日本で最高のレザーを製造するタンナーがこの栃木レザーです。

しなやかで堅牢、そして年月を重ねるごとに味わい深く変化していく栃木レザーは、日本のみならず世界中で評価されています。

日本最高品質のレザー 栃木レザーから引用

国産レザーの最高峰「栃木レザー」を贅沢に使った財布がマジでかっこいい!

その中でも特に『ヌメ革』はレザーの経年変化を楽しむ人に愛されてます。

初期状態では白っぽい見た目のヌメ革ですが、日焼けや人の脂などが染み込むことで飴色に変化していくのが特徴です。

男性ブランド財布 ランキング参考画像

アメカジファッションやバイク乗りに愛用者が多いですね。

おすすめ男性ブランド財布 予算 1万円~3万円

ちょっとだけ贅沢しちゃおうかなという人はこの価格帯がおすすめです。

1万円~3万円の予算は一般的に財布の購入層が一番多い価格帯ですね。

大人の男性が持っていても恥をかかないのがこのクラス。

エンポリオアルマーニ(EMPORIO ARMANI)

アルマーニブランドの中でも若者向けに位置する「エンポリオアルマーニ」です。

1975年にジョルジオ・アルマーニにより設立されたファッションブランド、およびレジャーブランドである。

ファッション業界で最も権威のあるブランドで、メインブランド「ジョルジオ・アルマーニ」のほか、複数の姉妹ブランド、化粧品、リゾート、高級レストランなど多彩な事業を展開し、「アルマーニ」と総称される。

wikipediaより引用

アルマーニと言えばスーツのイメージが強く、芸能界やスポーツ界にも愛用者が多いブランドとして有名ですね。

実は洋服だけじゃなく、財布や時計、アクセサリーなども積極的に販売してるブランドで、人気、知名度ともに高いブランドです。

値段が高そうなイメージのアルマーニですが、エンポリオアルマーニは比較的リーズナブルなことも特徴のひとつ。

若者向けなデザインからビジネスシーンにもハマるスタイリッシュなものまでデザインが豊富なのもアルマーニの魅力ですね。

参考価格帯:1.5万円~4万円

ダコタ ブラックレーベル(Dakota BLACK LABEL)

ダコタはレディースのイメージが強いですが、「ダコタ ブラックレーベル」はメンズカジュアルラインとして生まれました。

ダコタの特徴はやわらかい質感のレザーです。

革本来のやわらかさを楽しみたい人にはぴったりです。

カラーバリエーションも豊富で、カップルでお揃いの財布を色違いで使うこともできるので、ペアアイテムとしても人気が高いですね。

参考価格帯:8,000円~3万円

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI)

キャメル色が渋い「タケオキクチ」です。

タケオキクチの特徴は、デザインはシンプルな分、カラーに遊び心を取り入れてるブランド。

名前のとおり、『菊池武夫』という日本人デザイナーが始めたブランドで、初めてパリにメンズブランドを進出させた人としても有名です。

カチッとしたファッションの中にワンポイントで遊び心を取り入れたい人は、タケオキクチのカラーで遊んでみると面白いかも。

参考価格帯:9,000円~2万円

ポーター (PORTER)

徹底的に国内生産にこだわる吉田カバンの人気ブランド「ポーター 」です。

このシリーズは素材がレザーだったり、落ち着いた色やデザインなのでカチッとしたスタイルにも使いこなしやすいですよ。

画像で紹介してるラウンドファスナー型の財布ですが、他のブランドのラウンドファスナーとちがって、小銭入れがボックスタイプになってるんですよ。

男性ブランド財布 ランキング参考画像

これぐらい口が広いと暗い場所や急いでるときなども簡単に小銭が探せますね。

ポーターのカバンや財布は、若者から年配者まで実に幅広い年齢層から支持されてます。

創業80年の歴史があるからこそ成せる業ですね。

参考価格帯:6,000円~3万円

オロビアンコ(Orobianco)

革製品の名門イタリア発のブランド「オロビアンコ

丈夫なサフィアノレザーで作られたシンプルなデザインです。

オロビアンコのデザインは、ワンポイントにシルバーメタルロゴをあしらってるもの以外に無駄な装飾がないのが特徴。

デザインがガチャガチャするとどうしても安っぽく見えたり子どもっぽく感じちゃうんですよね。

落ち着いた大人のデザインをお探しならオロビアンコがおすすめです。

参考価格帯:13,000円~3万円

ディーゼル(DIESEL)

独特な世界観が人気の「ディーゼル」です。

画像のモデルとかかなりインパクトが強いカモフラ柄で、ファッション感度の高い人から支持を得てます。

正直、素材だけで考えるとコスパは悪いような気もしますね。

ディーゼルはコアなファンが多いブランドなので、新作が出たらとりあえず買う!という人にはおすすめです。

参考価格帯:6,000円~3万円

ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA)

イタリアのモードファッションをリードするブランド「ドルチェ&ガッバーナ」 もおすすめです。

モード系のファッションらしく、基本的に落ち着いた色合いとシンプルなデザインが特徴的。

価格帯もリーズナブルなので、若者から中年まで様々な年齢層から高評価を得ています。

余談ですが、ぼくが若い頃は『お兄系ファッション』というのが流行って、みんなこぞってドルガバのデニムを履いていました。

参考価格帯:2万円~6万円

ポールスミス(Paul Smith)

ポールスミスのデザインはとにかく幅広いことが特徴です。

大胆なカラーリングやポップなデザインだけじゃなく、ときにはシックに黒一色なんてものまで豊富なアイデアとデザインがいつまでもファンを飽きさせない秘訣。

英国の伝統的なスタイルがブランドのベースとなっているので、ファッション感度の高い人は上手に自分のファッションにポールスミスを取り入れてますね。

参考価格帯:3万円~5万円

バーバリー(BURBERRY)

バーバリーと言えばこの『バーバリーチェック』と言われるチェック柄が代表的なデザインですよね。

こちらもイギリスを代表するモード系ブランドです。

バーバリーはブランド価値もよくわからないような当時高校生だったぼくが、かなり乱雑に扱ってたんですけどまたく壊れる気配がなかったです。

5年ほど使って財布の表面が擦れてきたくらいだったので、大事に使える人はもっと長く愛用できますよ。

参考価格帯:27,000円~7万円

コーチ(COACH)

コーチは『手軽に持てる高級ブランド』というイメージです。

実際、値段も見た目や知名度ほど高くないので、比較的リーズナブルな価格帯で豊富なデザインがラインナップされてます。

派手すぎず地味すぎないデザインは、「俺はもう年だから…」なんて言ってる中年層のお洒落心を刺激しますよ。

参考価格帯:1万円~6万円

ダンヒル(Dunhill)

これまで紹介してきたブランドでは、ほとんどがラウンドファスナーか二つ折りの画像で紹介してきましたが、ダンヒルだけは絶対に長札入れタイプがおすすめです。

ジャケットの内ポケットからダンヒルの札入れを出してる姿がめちゃくちゃかっこいいんですよ。

これぞ『大人!』といった感じの独特な雰囲気を醸し出してるダンヒル。紳士的な大人の男性におすすめです。

参考価格帯:18,000円~4万円

おすすめ男性ブランド財布 番外編 予算 5万円以上

この記事のタイトルは【予算3万円以内で探せる男性ブランド財布】ですが、お金に糸目をつけなければこんな商品もあるということを参考までに載せておきます。

頑張ったときの自分へのご褒美や、ちょっとプレゼントを奮発しちゃおうかなというときに贈っても貰っても嬉しい憧れのブランドをまとめました。

このクラスになるとインターネット上にコピー商品が多く出回ってます。コピー品は売る側も買う側(所持)も犯罪ですので、もしインターネットで購入する場合は明らかに安すぎる物は避けた方が無難です(コピー品は約1万円~3万円で売られてることが多い)

特にメルカリなどの個人売買では要注意ですよ。

各ブランドごとに参考価格を書いておきますので、こちらを参考に購入判断をしてください。

ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)

王道にして最強のブランド「ルイヴィトン」ですね。

何となくルイヴィトンは女性が持つブランドというイメージがある人もいるかもしれませんが、メンズ向けのラインもたくさんあります。

このあたりはメンズ向けに作られてるラインで、派手な装飾やブランドロゴの主張はないけど存在感を放っています。

ヴィトンの革はかなり硬めなので、長く使っても型崩れしにくかったり、簡単には糸がほつれたりすることはありません。

値段もそれなりに高いだけあって、いい物を長く使いたいという人には最適なブランドです。

参考価格帯:約6万円台~

グッチ(GUCCI)

ハイブランドの中でも比較的カジュアル色が強い「グッチ」 も、メンズに人気のブランドです。

このあたりがメンズに人気のラインですね。

ハイブランドとなると全面にブランドロゴをあしらったデザインが多いのですが、グッチは嫌らしさがないので普段使いにも便利ですよ。

参考価格帯:約5万円台~

プラダ(PRADA)

ナイロン製品のレディースバッグのイメージが強いプラダですが、しっかりメンズ向けのデザインも用意してあります。

プラダのロゴが控えめにデザインされていること以外、無駄な装飾を一切排除した『シンプルイズベスト』を徹底したデザインがかっこいい。

価格帯もハイブランドの中ではリーズナブルなので、恋人どうしや夫婦で財布をプラダで揃えて持つなんてこともやりやすいですね。

参考価格帯:約4万円台~

 

ボッテガヴェネタ(BOTTEGA VENETA)

ブランドロゴなどの主張は一切ありませんが、『イントレチャート』と呼ばれる編みこみデザインがボッテガヴェネタの象徴です。

このイントレチャートは他社でも真似してるブランドがたくさんありますが、本家ボッテガからは独特なオーラが放たれていて、他にはないあくの強さや色気を感じますね。

ラウンドファスナー型を使ってる人は街中でもたくさん見かけます。

他の人と被るのが嫌いな人は色で差をつけたり、コンパクトな二つ折りタイプもあるので、いろいろ探してみると面白いですよ!

個人的に好きなブランドなので、単体記事も書いてます。興味がある方はこちらもあわせてどうぞ。

関連記事:30代の男性に財布をプレゼントするならボッテガヴェネタがおすすめ

参考価格帯:約5万円台~

ベルルッティ(BERLUTI)

独特なデザインが超絶かっこいい「ベルルッティ」は、お洒落感度の高い富裕層から人気です。

これはとにかく目立ちますね。

これ系の派手なデザインは安っぽく見えてしまいがちなんですけど、ベルルッティの財布からはチープ感どころかラグジュアリー感が滲み出ています。

それはベネチアレザーに様々な色を重ねることで独特な深みや色艶を表現してるからです。

購入から何年経過しても色を入れていくことは可能なので、観賞用として購入する人も多い人気ブランド。

ここまでくると芸術品の域ですね(笑)

参考価格帯:約10万円台~

クリスチャンルブタン(Christian Louboutin)

全面的に打ち込まれたスタッズ(鋲)が独特な「クリスチャンルブタン」です。

主に富裕層のレディース向けの靴が人気のブランドですが、ファッションのトレンドをつくるパリピがこぞって使い始めたことをきっかけに、一気に若い人たちにも浸透していきました。

財布の内側は外面とは対照的な鮮やかな赤で、このコントラストが美しいと評判です。

参考価格帯:約6万円台~

クロムハーツ(CHROME HEARTS)

アクセサリー界のレジェンド「クロムハーツ」も財布などのファッション小物を販売してます。

氷室京介や三代目 J Soul Brothersのメンバー、ヤンキースの田中将大投手など、芸能界やスポーツ界にもたくさんの愛用者がいるブランドとしても有名ですね。

ブランドモチーフのクロスが特徴的で、財布にもシルバーパーツをふんだんに使った贅沢仕様になっています。

クロムハーツの財布の多くは牛革が使われているので、ハードな見た目とは裏腹に触り心地はやわらかくしなやかな触感です。

使えば使うほどに手になじむ一生物のレザーを手にしたい人におすすめ。

参考価格帯:約15万円台~

カルティエ(Cartier)

ジュエリーブランドとして有名な「カルティエ」の財布は、上質なデザインが魅力的。

そのデザインから滲み出る品のよさは、ラグジュアリーブランドのカルティエだからこそ成せる業です。

カーフレザーを使用していて、手に取った感触としてはやや硬めな印象。

型崩れしにくくて安心感がある硬めな財布が好みという人におすすめです。

参考価格帯:約6万円台~

エルメス(HERMES)

キングオブハイブランドの「エルメス」 は、いつかは持ってみたい憧れのブランドNo.1じゃないでしょうか。

デザイン、縫製、出荷から販売までのすべてにおいて妥協を許さないスタイルで信頼と実績を積み重ねてきたラグジュアリーブランド。

政界や芸能界、世界で活躍するスーパーモデルなど、数多くの超セレブたちが愛用してることでも広く知られてますね。

庶民には手の届かない、雲の上の存在エルメス。

財布はちょっと高いけどエルメスの世界観に触れてみたいと思った人はベルトあたりが手ごろでいいかもしれないですね。

参考価格帯:約30万円~

【おすすめ】男性ブランドランキングトップ3

長々と紹介してきましたが、ここでいよいよ男性におすすめのブランド財布ランキングトップ3を発表していきます。

第3位 ポールスミス

ポップなカラーリングやデザインから、ビジネスシーンにも使い勝手がいいシックなデザインのものまで幅広くラインナップされてるポールスミス

価格帯はリーズナブルなのに見た目に高級感があるので、そのコスパの良さから選びました。

ポールスミスの評判まとめ

  • 小銭入れが幅広くて使い勝手がいい
  • ポールスミス独自の色使いがかわいくておしゃれ
  • 財布内側が単色で地味だったので遊び心がほしかった
  • 彼氏にプレゼントしたら喜んでもらえた

第2位 バーバリー

バーバリーチェックが目を引くデザインの「バーバリー」が第二位です。

一目でバーバリーとわかるインパクトの強さと、紳士的なデザインが大人の男性にぴったりですね。

デザインの幅も広いので、たくさんの種類の財布の中から一番のお気に入りを探してみてください。

バーバリーの評判まとめ

  • ポップなデザインがかわいい
  • バーバリーの小物を持ってるだけでお洒落な気分になれる
  • 割と使ってる人が多くて被りやすい
  • 知名度が高いから話題のネタになりやすい

第1位 ダンヒル

ビジネスや休日のデートなど、どんなシーンでも使い勝手がいい「ダンヒル」です。

ブランド感を主張しないシンプルなデザインながら品の良さを醸し出してるダンヒルは、圧倒的に男性におすすめしたい財布のブランドです。

会計時にすっとジャケットの内ポケットから財布を取り出す仕草に一番合う財布はダンヒル以外に考えられないですね。

ダンヒルの評判まとめ

  • 上質なレザーの触感がいい
  • シンプルで使いやすい
  • 薄いから邪魔にならない
  • 小銭入れを使うと小銭の跡が残るのが残念
  • 高級感がある

【プレゼントにもおすすめ】男性ブランド財布 一覧

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この中から気になったブランドがあるけど、記事の上まで戻るのがめんどくさいという方のためにブランド一覧表をまとめました。