Canon SX610HSを持ってフォトウォークに行きたい気分

Canon SX610HS レビュー ブログ

2年ほど前に購入したコンデジ「Canon SX610HS」を、半年ぶりに起動してみた。

懐かしい写真がずらっと並ぶ。

Canon デジカメ 写真

約2年間我が家で暮らした「とらじ」の写真がたくさん出てきた。

うん。懐かしい。そしてかわいい。

他にも、ここでは公開できないけど子どもたちの小さい頃の写真などもたくさん。

特に娘がまだおしゃぶりしてる頃の写真なんかは久しぶりに見た。

昔使ってたカメラをたまにこうやって起動してみるのも面白いものだ。

今から2017年の10月に「iPhone SE」から「iPhone 8plus」に機種変更してからは、ほとんどCanon SX610HSの出番がなくなった。

iPhone 8plusのカメラ性能が良いから、わざわざカメラを持ち歩かなくてもiPhone1台で満足できる写真が撮れるからだ。

あ、そうそう。ぼくがブログに写真をアップする手順などもざっくり書いてみる。

  1. iPhone 8plusで撮影
  2. Googlephotosに同期
  3. Googlephotosからパソコンにダウンロード
  4. Canvaで画像編集してアップ

出かけた先で手軽に写真を撮るには圧倒的にiPhoneが楽なんだけど、その後の処理が地味にめんどくさい。

どうにかならないもんかと思っていたら、ぼくのパソコンには「SDスロット」があることを思い出した。

Canon SX610HSとパソコンの相性

偶然にも、Canon SX610HSのメモリーは「SD」だ。

つまり、Canon SX610HSで撮影した写真は、SDをパソコンに挿入するだけで簡単にパソコンに取り込むことができることに気づいた。

ブログに写真をアップするのも、前述しためんどくさい手順を踏まなくてよくなる。

この記事にアップしてる写真も、パソコンにSDを挿れて直接ワードプレスにアップしてるだけ。

今までかなりめんどくさい手順を踏んでブログに写真をアップしていただけに、自分の中で革命が起きたような気分だ。

Canon SX610HSで撮った写真

Canon SX610HS 写真 ブログ
Canon SX610HS 写真 ブログ
Canon SX610HS 写真 ブログ

2枚目の写真はあえて周りを暗くしてレトロな風合いを出すことができる「トイカメラモード」で撮影してみた。

こんな風に遊べるのもコンデジならではだ。

それと個人的にiPhoneで撮影する写真と決定的にちがうのは、細かい描写まで繊細に撮影できるなと思ったところ。

特に、3枚目の猫の写真を見てもらうとわかるが、猫のふわっとした毛の質感が写真からでもわかる。このような写真をiPhoneで撮影すると何となくぼやっとした写真になってしまうのだ。

iPhoneで同じ構図の写真を撮って比較すればよかったのだが、撮り忘れたことを悔やんでる。

今だからこそ「コンデジ」

パソコンとCanon SX610HSの相性の良さに気づいてからは、Canon SX610HSを持ってフォトウォークに出かけたくなった。

何とも単純な動機なんだけど、2年前に買ったカメラをほとんど使わないまま眠らせておくのはもったいない。

スマホカメラの性能UPや、手軽に高画質な写真撮影ができるミラーレス一眼が比較的安価に購入できるようになった今だからこそ、敢えて「コンデジ」を使うという選択をしたいと思う。

天の邪鬼な性格だから時代に逆行したくなってしまう。

まだCanon SX610HSを使い込んでないから、どんなことができるか、どんな強みがあるのかをぼくは知らない。

それを探るためにも、Canon SX610HSと一緒にたくさん出かけて、たくさんの思い出を残したいと思う。

今年行ったグアム旅行に持っていかなかったことを激しく後悔している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA