おすすめの副業

YouTubeの動画撮影用にレンタルスタジオ経営が副業にもおすすめ!

レンタルスタジオ 副業

あ、どーもサンタク(@santaku817)です。

突然閃いたんですよ。

『レンタルスタジオって需要あるんじゃね?』って。

YouTubeがこれだけ流行ってて、子どもたちのなりたい職業ランクの上位にまで躍り出る時代。

動画撮影用のレンタルスタジオってこれから需要増えていくんじゃないかと思ったわけです。

何の根拠もないので、完全にぼくの独り言です。

あくまでもビジネスアイデアのひとつとして参考程度に読んでもらえれば嬉しいです(訳:ガチなツッコミはなしでお願いします)

YouTuberになりたい!でも自宅で撮影はちょっと…

きたる『5G時代』に向けて、YouTuberは今以上に増えていくと思うんですよ。

最近は有名なブロガーさんもYouTubeに移行してますしね。

じゃあYouTube用の動画撮影してみようと思ったけど、自宅で撮影するのは身バレが怖い…

こんな人も多いと思います。顔出しなんて絶対しない方がいいですからね。

できるだけプライバシーには気をつけたいという人がとる方法として今後需要がありそうなのが『レンタルスタジオ』です。

空き部屋をレンタルスタジオとして提供してみる

レンタルスタジオ経営といっても、いきなりオフィスを構えて機材を揃えてなんてやってたら初期投資でいくら必要かわかりません。

機材に関しては完全持ち込みにしてもらって、まずは空間を提供してみるところから始めてみるといいでしょう。

撮影用の背景スクリーンと照明ぐらいは用意してあげてもいいかもしれないですね。

例えばこんなやつとか。

この2つ買っても初期投資は1万円程度で済みます。

FOSITAN 写真照明用セット ソフトボックス 50×70 cm 1600W 写真スタジオソフトボックス 照明キット 2Mライトスタンド 【E27 純白CFL電球×4】 キャリングバッグ付き
FOSITAN

地方にこそ需要がありそう

都内ではレンタルスタジオも珍しくないんですけど、地方都市にはまだまだ少ないんですよね。

動画撮影するために都内まで行ってみたものの、思ったような動画が撮れなかったとなってはお金の無駄でしかありません。

さすがにYouTube用に動画を撮影しようとしてる人がそんなミスをするとは思いませんが、レンタルスタジオの存在は地方在住の人がYouTuberになるための敷居を下げることの手助けになるかもしれません。

地方都市の住宅街などなら近所のYouTuberになりたい子どもが集まってくるかもしれませんね。

中学生や高校生には草むしりをすれば無料で貸してあげる

副業としてやる以上、何らかの利益は得たいはず。

でも、YouTuberを目指すような年齢層のメインは中学生~高校生ぐらいが大半なのでは?

それなのに無料で貸したら儲からないじゃん!

 

いやいやそんなことないんですよ。

例えば、レンタルスタジオの料金設定を1時間1,000円に設定したとしましょう。

若い子たちにはこの料金を払い続けて活動するのはちょっと大変です。

そこで、あなたの自宅の庭の片付けなど、何らかの家事を手伝うことでスタジオ料金を無料にしてあげるなんておいうのも特典としてはありです。

金銭的な利益は得られませんが、本来ならあなたがやらなければいけない草むしりなどを、空き部屋を貸してあげる代わりに代行してもらえるということになります。

そのまま放置していれば一生ホコリの被った空き部屋だった部屋を活かすことで、あなたは労力という利益を得ることができました。

得られる利益は労力だけじゃありません。

仲良くなれば若者のリアルな声を聞くこともできますよ。

  • 今、学校で何が流行ってるのか
  • 今の若者はどんなことに興味があるのか

いつの時代も流行をつくるのは若者です。

これほど貴重な情報はお金払っても得られるものではないですからね。

動画編集スキルがある人はレンタルスタジオで営業できる

動画を編集するスキルがある人は、レンタルスタジオを利用してくれた人に対してあなたのスキルを売り込みやすくなります。

参考動画などを用意しておけば、その動画をお客さんに見せて『こんな感じの動画がつくれるけどどうですか?』という営業ができるようになりますね。

単純に編集スキルを売るだけなら、動画編集教室なんていう方法もあります。

これらのスキルに関しては、あなたが身につけるまでに懸けた時間やお金が蓄積されてるので、さすがに無料でやってしまうのはおすすめしません。

自宅スタジオが軌道に乗ったら別でオフィス借りてみる

自宅の空き部屋をレンタルスタジオにする事業が軌道に乗ってきたら、近所に空きテナントがないか探してみましょう。

本格的に事業化に乗り出すチャンス!

ここで大事なのは、あなたの生活圏内であることです。

理想はなるべく人が行き交う駅近くですね。

やっぱり人が多い方がそれだけ集客しやすくなりますから。

自宅をレンタルスタジオにして始めたなら、あなたの生活圏内ということは既存のお客さんも生活圏内ということになります。

今まで利用してくれたお客さんを逃さず、新規顧客を獲得するには生活圏内で探す必要があります。

集客はブログ、SNS、ポスティングをフル活用する

自宅の空き部屋をレンタルスタジオにするのはわかったけど、どうやって集客するのか。

せっかく商品を用意してもお客さんに気づいてもらえなければ売上はゼロです。

そこで、インターネットを使いつつ、泥臭く紙の広告をポスティングしてみましょう。

近所の人がこんなこと始めたんだという口コミは、知ってる人の間であっという間に広がっていきます。

地方での地域密着型の商売なら、まだまだポスティングは効果的ですよ。

もちろん、ブログやSNSなどで拡散を狙うのもありです。

戦略としては有名YouTuberにコンタクトをとって実際に利用してもらうのも手ですね。

YouTuberの聖地として有名になることは大きなメリットがありますよ。

ここでちょっと宣伝します(笑)

もしこの記事を読んでレンタルスタジオやってみようかなと思った奇特な方は、もれなくぼくがブログの初期設定代行を無料でやらせていただきます!

詳しくはこちらの記事を読んでみてください。

新着記事
【初心者限定】ワードプレス初期設定の代行を無料でやります!ワードプレスをインストールしてからブログ記事が投稿できるようになるまでって結構めんどくさいんですよね。 ぼくも一つ目のブログを作っ...

まとめ

ガチで思いつきなので、このビジネスが儲かる根拠は何もありません。

ですが、自宅に持て余した空き部屋がある人はやってみると面白いかもしれないですね。

もしくは相続した空き家を持て余してる人。

いずれにしても、地方でこそ需要がありそうなビジネスだなーというのは何となく感じてます(根拠はもちろんありません)

空き部屋の活用なので、生活の資本化にもなりますよ。

ちなみに、今回のアイデアはこの本を読んで思いつきました。

すでに実現してる人もいるとは思いますが、空き部屋や空き家の有効活用をする手段はないかと考えてる人は参考にしてみてください。