新聞屋の話

源泉徴収票がもらえない!税務署の不交付届には強制力がないらしい

源泉徴収票 もらえない

あ、どーもサンタク(@santaku817)です。

源泉徴収票ってもう貰いました?

ぼくはね、クソ企業のせいで今消耗してるんですよ。

ついこの前まで務めてた会社(9月末で退職した新聞屋)が、源泉徴収票をなかなかくれないんですよ。

まあ辞めるときに12月になるみたいなことは言われていましたが、そんな会社の都合はどうでもよくて、こっちは早く書類を揃えたいじゃないですか。

だから退職したときにも12月になるのは会社の都合であって、こっちとしては早く用意してもらわないと諸々の手続きがスムーズに進まないから早く用意してほしいと伝えてあったんです。

そもそも、事業主は社員が退職してから1ヶ月以内に源泉徴収票を交付しなければいけないという義務があります。

その義務が履行されてないこと自体が問題なんですよね。

法律を守るような企業じゃないのはこっちも百も承知なので、税務署に相談したんです。

源泉徴収票に関しては妻が調べてくれて『源泉徴収票不交付届け』という手続きをとってみました。税務署から事業主に対して源泉徴収票を交付しなさいと連絡してくれる手続きです。

この手続きを踏んで、源泉徴収票を無事にもらえたのか?その先の話をご覧ください。

結論:源泉徴収票不交付届けに強制力はない

この手続きを踏んで、税務署を通して連絡すれば新聞屋もさっさと郵送するだろうなと考えてたらちょっと甘かったみたい。

税務署職員
税務署職員
事業主に連絡してみたところ、郵送は難しいからとりにきてほしいとのことでした
サンタク
サンタク
トラブルがあって辞めてるからできればとりに行きたくないんですけど、税務署からの働きかけに強制力はないんですか?
税務署職員
税務署職員
こちらは介入することはできないので、伝えることは伝えたからあとはお互いに話し合ってもらうしかないです

税務署には事業主に源泉徴収票を交付させなければいけないほどの強制力はなかったようです。

これは完全に誤算。

税務署を通じて連絡すればすぐ動いてくれるかなと思っていたのですが、税務署からの回答は「会社にとりにきてほしい」という事業主からの伝言だけでした。

全然気乗りしないけど、とりにこいと言うならばとりに行くしかないと腹を決めて会社まで行ったんですよ。

そこでまたひと悶着があったわけなんです。

会社に未払いの新聞購読料と借金が残ってる

は?未払いの新聞代と借金ってなに?

寝耳に水です。

1000件以上の顧客を担当していて、どのお客さんの集金をいつもらって、いつ会社に入金したかなんてすべて細かく把握してるわけないんですよ。

それに、顧客から集金してきた新聞購読料は、すべて事務員が手作業で入金確認していました。

この時点で信憑性はないですよね。

ぼくとしては集金を使い込んだ記憶がないので。

んで、未入金の新聞購読料と、会社に借金が残ってるからまずはそれを払ってもらわないと源泉徴収票は渡せないと経理兼事務員のBBAに言われました。

まあいろいろ突っ込みどころはありますが、借金に関して説明しておきましょうか。

入社時の借り上げ住宅費用

借金が残ってるという話ですが、これはぼくが会社に入社するときに会社名義で借りた借り上げ住宅の話です。

ぼくが入社して家を借りてもらったときに、初期費用として50万円ぐらいかかってるんですよね。

でも、会社の規定として勤続2年以上で返済の必要なしと、求人にも謳ってました。

家の契約が終わったあとも会社の事務員から言われたのは

「2年以内に辞めるときは全額返してもらうけど、2年以上勤めたら借金はなくなるから頑張ってね」

こういう言い方だったんです。

でも、今回源泉徴収票をとりにいったときに言われたのは、ここにかかった初期費用のうち敷金を返せという話なんですけど、これはそもそも入社時の説明不足なんですよね。

退去費用が敷金で相殺されない謎

ぼくが会社名義で借りてた家は、退去時の費用として10万円ちょっとの請求がありました。

ぼくの認識で考えると、敷金で家賃の1.5ヶ月分(105,000円)払ってるし、敷金より足が出た分に関しては日割り家賃の戻りで賄えるだろうと思ってたんです。

11万円弱の請求に対して、敷金100,500円を差し引いても、足りない分は日割り家賃で500円ぐらい会社が得するぐらいの計算だったんですよ。

ところが、不動産屋から連絡がありました。

『名義人の会社から、敷金は会社に返却して、退去費用はすべてサンタク様に請求してほしいとの連絡があったのですがそれでお間違いないですか?』

は?何言ってんのって感じですよね。

勤続2年以上で初期費用の返済義務なしのはずなのに、なんで敷金だけは会社に戻すの?ってもうちんぷんかんぷんでした。

会社側に聞いても、敷金は会社が支払ったものだからと謎の返答しか出てこないから拉致があかず。

敷金を会社が支払ったのはわかったけど、じゃあ仲介手数料とか礼金とかは誰が払ったの?って話になりますよね。ホント意味わからん。

ちなみに、会社名義の社宅として借りてる物件に関しては、諸々の支払い義務は原則として会社にあると弁護士が言ってました。

この会社とは話にならないから退職後にばっくれたのに…

こんな謎理論振りかざして従業員から搾取ばかりしようとする会社なので、連絡を一切とらないようにしてみました。

最初のうちこそしつこく連絡してきてましたが、1ヶ月も経たないうちに連絡はなくなり、しばらく平和だったんです。

それが年末のこのタイミングに罠が仕掛けられていました。

源泉徴収を脅しのネタに残してた

ここから記事冒頭の話に戻るわけですが、会社に対する借金やら未払いの新聞購読料やらを入金したら源泉徴収票を渡すと言われたんです。

いや、源泉徴収票とお金の話はまったく別物なんで、それをリンクさせて源泉徴収票を交付する交換条件にするのはおかしいでしょ。

お金を払わないなら警察に訴えると社長が言ってたと事務からは言われましたが、まあ言ってやりましたよ。

 

「警察でも何でも言えば?」って。

 

そもそも、警察は民事不介入ということを知らないんですかね。あの会社は。

たとえぼくが会社に借金してたとしても、警察に『あの人が借金返してくれないから捕まえてください』と言って捕まえられるものではありません。

未払いの新聞購読料のことを言っているとしても、横領にはならないです。

何千件もの顧客から集金してる中で、数件の未入金があったとしても記憶にないのは当然ですよね。

完璧に管理できてる会社の体制ならともかく、たった一人の事務員が入金確認を手作業でやってるだけなので、そもそもぼくに未入金があるという発言自体にも信憑性がありません。

仮に警察に被害届けを出して刑事事件になったとしても、どんなに多く見ても10万円ちょっとの話。ぼくが起訴されることはないでしょうね。

会社側が不当に減給してる

2017年に、ぼくの給料を会社は不当に減給したんですよ。

正当な理由もなく、会社は給料を減給してはいけないと、労働基準法でも定められています。

それなのに、歩合は完全カット、基本給も一部カットで、ここから我が家のキャッシュフローが狂いました。

給料の不当減給以外にも違法な労働時間(一日15時間拘束)、有給未取得なのに病欠の場合日給分減給、違法な罰金制度(遅刻、罰金など)を会社はやってました。

これだけのことをされているのに、なんでこちら側の過失ともいえない過失を責められなきゃいけないのか謎ですよね。

仮に会社が警察に横領の被害届を出したとしても、こっちは3年分の未払いの残業代、不当に減給された給料の話、日常的なパワハラがあることを労働基準監督署にもっていくだけだからいいんですけど。

源泉徴収票の不交付は意外と重い罪

会社にとりにいったのに源泉徴収票をもらえなかったので、もう一度税務署に電話で相談してみたんです。

税務署の回答としては、税務署には源泉徴収票を交付させるほどの強制力はないから会社と話し合ってもらうしかないけど、お金の問題と源泉徴収票の不交付は別物との回答でした。

ちなみに、源泉徴収票を正当な理由なく交付しないのは所得税法違反で、会社に何らかの形で調査が入ったり、悪質だと認められた場合は罰則もあるそうです。

次の各号のいずれかに該当する者は、一年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

源泉徴収票をこれらの書類の交付の期限までにこれらの規定に規定する支払を受ける者に交付せず、若しくはこれらの書類に偽りの記載をして当該支払を受ける者に交付した者又は第二百二十五条第三項若しくは第二百二十六条第四項の規定による電磁的方法により偽りの事項を提供した者

最終的に郵送を了承した

税務署に相談したあと、もう一度会社に電話してみました。

  • 会社側の言う未払いの新聞代や借金の請求書
  • 入社時に敷金の返済義務がある旨を明記した書面と、その書面にぼくのサインがあるもの
  • 源泉徴収票

源泉徴収票を交付しないと税務署から調査が入るかもしれないですよと伝えつつ、これらを郵送してもらうよう頼んでみたんです。

そこでもまだお金払ってからとかしつこかったけど、最終的には郵送することを了承しました。

すぐ郵送してくれるかどうかは不明ですが、とりあえず待ってみようと思います。

【続編】源泉徴収票がもらえないときは税務署に相談すると効果あるかも。あ、どーもサンタク(@santaku817)です。 いやー無駄に消耗した2日間でした。 9月に退職した会社と源泉徴収票を巡っ...