口コミ

男の子を追い詰めるお母さんの口癖を読んで妻が育児ノイローゼから救われた

妻はほとんど本を読みません。そんな妻が珍しく本を買ったと昨日ぼくにLINEしてきたんですよ。

妻
本買ったよー
サンタク
サンタク
へー何の本買ったの?

 

長男の育児に悩んでいた妻が手にしたのは、男の子を追いつめるお母さんの口ぐせという本でした。

この本を手にしたことで、妻の中で何か変化があったみたいですね。

息子を1人の人間として見れるようになった

これは子どもを放置するとかそういった意味ではなく、「自分は自分、息子は息子」という風に思考を変えることができるようになったと言ってます。

子どもを自分の私物化しがちな親って意外と多いですよね。

妻がそうだったとぼくの目からは思いませんが、子どもとは言え独立した一人の人間として扱うことは、子育てするうえで割と早い段階で理解した方がいいようです。

自分の楽しみを見つけたい

これと言って趣味がなかった妻。

趣味を持たないから溜まったストレスの解消をする術がありませんでした。

塞ぎがちで自分自身を追い込んでしまう性格なので、育児ノイローゼになってしまったと妻は語っています。

そんな妻が趣味を見つけてきました。

 

「ホットヨガの予約してきた」と。

肩こりがひどい妻は、以前からヨガについては話してたけど、実際に行動に移したのは今回が初めてかな。

これはとてもいい行動だったようにぼくは思います。

健全な自分の趣味を持つことで、気持ちをリフレッシュする時間が作れるようになるんですよね。

ホットヨガの効果で肩こりや頭痛改善に良い影響も期待できます。

妻はホットヨガを頑張りたいと言っていたので、「頑張らなければいけないようなものならやめたほうがいい」とだけぼくの意見を伝えておきました。

妻が趣味を見つける日が来るなんて感慨深いなぁ。

一冊の本が人生を変えることもあり得る

ぼくも大げさに語れるほどの読書家ではありませんが、本を読むことは好きです。

そのときの自分が興味のあるジャンルの本をひたすら読み漁ってみると、人生を変えるほどの衝撃を受ける本に出会うこともあります。

妻にとっては今回購入した本がそれに値するものだったのかもしれないですね。

妻が読み終わったらぼくも貸してもらうつもりです。

男の子の育児に悩んでる人はぜひ一度手にとってみてくださいね。