田舎暮らし

田舎の賃貸物件は家賃が安いうえに広々してて超快適

田舎 賃貸物件 おすすめ

あ、どーも田舎暮らしブロガーのサンタクです。

田舎暮らしを始めて半年が経ちました。

我が家が暮らしてる家は賃貸物件なんですけど、田舎はマジで家賃が安いんですよー!

どれぐらい安いか、うちが借りてる物件を参考までに紹介してみますね。

間取りは5LDK+納戸

田舎 賃貸

我が家の間取りは2階建て、5LDK+納戸の超広々戸建てです。

土地面積は約80坪。

それほど広くないけど息子がサッカーできるぐらいの庭もあります!

ここにぼくら4人家族+妻の親兄弟3人の計7人で生活してます。

あ、犬の銀太もいます。

関連記事:犬の里親制度を使って新しい家族が増えたから紹介します。

 

今までは2LDKに家族4人で生活してたことを考えると、かなり広くなりました。

サンタク
サンタク
おもちゃを持ち込まない寝室が確立できたことが引越し後で一番の成果です

部屋の内訳

リビング:約9畳
ダイニング:約6畳
和室:6畳×2部屋(ふすまを外せば繋げられる仕様。ひとつは妻の母の寝室)
洋室:4.5畳(妻の弟が使用)
洋室:8畳(妻の弟が使用)
洋室:9畳(ぼくら4人が使用)

こんな感じで部屋を振り分けてます。

気になる家賃は?

田舎 家賃

部屋の間取りや振り分けはいいから家賃を早く教えろよって思いましたよね?

ずばり言います。

 

我が家の家賃は…

 

8万3千円です!

 

え…。

言うほど安くないじゃんと思いました?

 

田舎暮らしを始める前にぼくらが4人で住んでたアパートの家賃は、2LDKで7万円でした。

駅から徒歩15分ほどの位置にあったアパートでこの家賃。

金額的には前より高くなりましたが、物件の広さや土地の広さ、生活の快適性を考えたらどう考えてもお得です。

てか妻の家族と同居して、家賃は頭数で割ってるから実質下がってます。

うちが払ってる分の家賃は約4万円。

寝室(9畳)+和室(6畳)+納戸、それ以外の共有スペースを我が家が使ってると考えたら、2LDKのアパートと同じぐらいの部屋数だとしても家賃は下がってますね。

都市部の戸建てはこの家賃では借りれない

実は今住んでる物件を見つける前にも、妻がネットであれこれ探してくれてたんですよ。

だけど都市部になればなるほど家賃は高くなります。

まあこれは当たり前なんですけど、割とキレイな物件を借りようとすると、ぼくらが住んでる地域の家賃の相場は12万円以上。

しかも5LDKなんていう間取りの物件はまずありえないですね。

この安さでこの広さは田舎ならでは。

妻
5LDK+納戸とか聞いたことないよね 笑

自宅から駅までの距離は?

田舎 駅までの距離

田舎暮らしは車が必須ですが、ぼくらが住んでる地域は電車も割と機能してます。

妻の弟は学校に通うのに電車使ってますしね。

んで、自宅から最寄り駅までの距離は約2kmほど。

閑静な田舎にしては駅が近い方じゃないですかね。

歩いても15分~20分ぐらいの時間で駅に行けます。

ちなみに、駅までの道はひたすら田んぼ道を歩くことになるので、夜は蛙がうるさいし薄暗いからちょっと怖いかも。

まとめ

うちの場合は同居もしてるのでちょっと特殊かもしれませんが、田舎に引っ越すだけで家賃がぐんと下がります。

しかも都市部では高いお金を払わないと見つけられないような広々とした物件が、10万円以内で借りれるのも田舎だからなんですよね。

ぼくらが住んでる地域は田舎の中でも割と都市部よりなので、もっとガチな田舎で探せばさらに家賃は下がるかも?

んでもあまりにもガチな田舎だと生活そのものが不便になっちゃうし、そこはライフスタイルに合わせてバランスとった方がいいですね。

以上、我が家の物件紹介でした!