中卒サラリーマンの仕事の話

中卒、30代のぼくがホワイト企業に就職できた考え方を紹介するよ!

田舎暮らし 仕事

あ、どーも、転職王のサンタク(@santaku817)です。

好きなことしてフリーで生きていくんや!

なんて言いながら前職を退職したのが2018年の9月末。

そこから一転して『やっぱ無理や!』と言って再就職したのが2018年末。

ぼくが今の会社に入ってから早いものでもう3ヶ月が経ったんですねぇ。

この3ヶ月の間にまあいろいろありましたよ。

インフルエンザになったり仕事中に手をケガして爪が剥がれたり。

詳しくはこちらの記事も読んでもらえると嬉しいです。

2019年はこれ以上なにもないといいなぁ…。

入社3ヶ月で一度も辞めたいと思わなかった

16才で高校中退して社会人になってから15年以上が経過しましたが、今まで繰り返してきた転職回数は10回以上。

それはもういろんな仕事を経験してきました。

  • 派遣社員
  • ペンキ屋
  • 鉄筋屋
  • 水商売
  • 新聞屋
  • 型枠大工
  • トラックドライバー
  • 浄化槽点検

今までで一番長く勤めた会社でも3年~4年ぐらいかな。

まさに転職王の名に相応しいぼくが、3ヶ月も働いてるのに一回も辞めたいと思わないなんて…。

ほとんどの会社は3ヶ月以内に必ず辞めたい衝動に駆られてきたぼくが、一回も辞めたくならないんですよ??

それどころかどうやって会社に食らいついていくかしか考えてないんです。

こんな気持ち初めて。

これは間違いなく神職場ですね!

ぼくの職場環境を紹介しつつ、どうやって中卒のぼくがこの神職場と出会ったのか、人生をより豊かにする転職の考え方や求人サイトの紹介などをしていきます。

転職で譲れなかった3つの条件

ぼくが今回の再就職にあたって、絶対に譲れなかった条件が3つあります。

  1. 週休2日
  2. 労働時間がハッキリ決まってること
  3. 一箇所でできる仕事

ちょっと何言ってるかわからないと思うかもしれませんが、あとでひとつずつ説明しますね。

この3つを絶対に譲れない条件にして就活したのも、今まで働いてきた会社の影響が大きいです。

ぼくが今まで経験してきた会社は漏れなくブラック企業だらけだったんですよ。

  • 拘束時間が長い
  • 休日が少ない
  • 何時に帰れるかわからない
  • 急な休みで給料が少なくなる

こんな環境だと安心して働けないし、家族も振り回すことになってしまいます。

詳しくは新聞屋の体験談にも書いてありますので、既婚者がこんな環境でまともに働けるかどうかを見てもらえると嬉しいです。

新聞屋 給料
【体験談】新聞屋を4店舗渡り歩いてわかった7つのこと【給料・労働環境・仕事内容】 「学歴不問、寮完備、未経験歓迎、すぐ働ける」 新聞屋の求人には大体こんな文言が書かれています。 どうしても仕事が決まらなく...

ここからは、ぼくが転職時に絶対譲れない3つの条件の理由などを説明してみます。

①週休2日

今の会社に入る前は週休1日、有給なしの会社だったんです。

年間休日は60日もないぐらい。

これは既婚者、子持ちにとっては致命的なんですよね。

週に一回の休みではどこにも出かける気が起きないし、旅行なんてもってのほか。

自分の身体の休息が追いつきませんでした。

必要な休日数や時間は人それぞれちがうと思いますが、ぼくは週一回の休みではダメだったんですよね。

だから週休2日、もしくは最低でも隔週2日の会社を条件に探しました。

②労働時間がハッキリ決まってること

前職が始業時間にはうるさいくせに、終業時間がかなりルーズだったんですよね。

毎日何時に帰れるかわからない状態。

この状況で働くのは自分自身もそうですが家で待ってる家族にとっても精神的な負担が大きいんですよ。

昨日は19時に帰ってきたけど今日は22時とか、下手したら日付超えるなんてこともありました。

帰宅時間は一定にした方が妻も夕飯の予定が立てやすくなるはずなので、労働時間に関しては特に妥協したくなかった条件ですね。

③一箇所でできる仕事

営業やトラックドライバーの仕事だと、どうしても労働時間を一定にすることが難しいんですよ。

客先の都合でスケジュールが二転三転することもあるし、道路状況によって時間が変動するじゃないですか。

コロコロ予定変わるの好きじゃないんですよねぇ…。

それと、あれこれスケジュールを組んで動くのが苦手。

それなら出勤したらそこでタスクをこなす仕事にすればいいじゃないかということで、『一箇所でできる仕事』に絞りました。

神職場の最高な労働環境

ぼくが奇跡的に入社できた、前章で書いた3つの条件を満たす神職場の労働環境について説明してみます。

前提として、ブラック企業ばかりで働いてきたぼくだから神職場だと感じられるだけで、一般的にはこれが普通だと感じる人もいるかもしれません。

ぼくの会社が『それ普通だわ』と感じた人は、ここから先は読んでもつまらないと思うのでそっ閉じしてくださいね。寂しいけど。

ではいきます。

  • 職種 工場勤務
  • 労働時間 8時~17時
  • 休憩時間 1時間5分
  • 年間休日 110日
  • 残業 繁忙期以外なし(残業は強制されない)
  • 月給 24万円以上
  • 賞与 年2回

どうでしょ。

個人的には神レベルの職場に入れたと思ってます。

ひとつだけ注文があるとすれば休憩時間をもうちょっとだけ伸ばしてほしいかな…。

まあでも今の会社に入って3ヶ月になりますが、人間関係に不満もないし、毎日定時あがりしてるし、まだ有給は出てないけど休みも普通にとれるしで文句ないです。

あ、労災も隠すことなく迅速に対応してくれましたよ!

ぼくが仕事中に手をケガしたときもすぐに病院に連れて行ってくれたし、そのことで文句を言われるようなことは一切ありませんでした。

むしろみんな気遣ってくれてすげー優しい会社だなと感じてます。

中卒におすすめの求人サイト

今回ぼくが神職場を見つけることができた求人サイトを紹介して終わります。

ちなみに、ぼくが求人サイトで今の会社を見つけたときに惹かれたキャッチフレーズは『残業なし』でした。

地道に探せばいい会社もあるもんです。

とはいえ、求人情報は嘘だらけの企業もたくさんあるので、こればっかりは面接でいろいろ突っ込んで聞いてみた方がいいですね。

ぼくもこんな風に面接に臨みました。

関連記事:30代中卒の転職活動結果報告。希望通りの正社員採用が無事決まりました

面接は企業に媚び売って取り入る場所じゃないので、本音で突っ込んだ方がいいですよ。

入社した後に全然イメージとちがったら、また転職活動をやり直さないといけなくなっちゃいますからね。

求人サイトは工場ワークスを主に探しました。

工場ならぼくが求めてる転職の条件を満たせるかなという思いからです。

工場ワークスには膨大な求人情報が出てますが、条件を細かく指定できるから自分が希望する仕事の絞り込みが簡単です。

ぼくも地域+条件で絞って探したら5件ぐらいしかなかったです(笑)

それぐらいぼくが求めてた条件は高かったんですかね。

あ、工場ワークスにはこちらから飛べるので、今よりもっといい会社に就職したいなと思ってる人は求人情報だけでも見てみてくださいね!

登録、利用料など一切かかりません。

完全無料で使えるから安心してください。