家族の思い出

幼稚園の個人面談で息子の成長を感じて胸が熱くなった話

幼稚園 個人面談

あ、どーもサンタクです。

先日、息子が通う幼稚園で個人面談がありました。

平日だったんですけど、たまたまぼくは会社を休んでいたので妻と一緒に行くことに。

会社を休んだ理由はこれ。

個人面談とか親の立場で行くのは初めてのことだったので、どんな話をするのか少し緊張しながら行ったわけですが、なんかもうぐっときましたよ。

息子の担任の先生から出てくる言葉は、ぼくが想像してた幼稚園での息子像をいい意味で裏切りまくってくれました。

友だちに積極的に関われなかった息子

1年前に保育園を辞めた息子は、友だちとの関わり方にすごく悩んでいました。

ぼくに似て息子は自分の感情を表に出すのが苦手なので、保育園では積極的に自分から友だちの輪に入っていくことができなかったみたいなんですよね。

家に帰ってきた息子に保育園での出来事を聞いても、友だちの名前が出てくることはありませんでした。

それどころか、友だちの名前を覚えてくることもなかったんです。

年少の夏から途中入園だった息子は、もともと積極的にいけるタイプではないから、すでに何となくできあがってたクラスの雰囲気に馴染めなかったんでしょうね。

無理して続けさせた結果、息子の体はついに保育園に対して拒絶反応を起こすようになりました。

関連記事:「保育園(幼稚園)に行きたくない」は子どもからのSOSかも

友だちと積極的に遊んでますよ

あれから1年経った今、2018年12月から途中入園した息子を最初は心配していました。

また新しい環境で、すでに出来上がってるクラスの雰囲気に息子は入っていけるのだろうか。

また幼稚園に行きたくないと拒絶反応を起こすのではないか。と。

そんな心配は先生の一言でなくなりました。

「私の話なんか聞かないでお友だちとばっかり遊んでます(笑)」

「自分からお友だちに『仲間に入れて』と言いながら一緒に遊んでます」

「サッカーが上手だから他の男の子たちが悔しがってるくらいですよ」

「たまに手や足が出ちゃったりすることもあるからそこは厳しく言ってます」

あの息子が友だちに自分から「仲間に入れて」と言って遊んでるのか…。

先生じゃなくて友だちと一緒に遊べてるのか…。

息子の社会性が育ってる

先生からこの話を聞いて胸が熱くなりました。

保育園を辞めてからこの1年で息子も成長したんだなと感じましたね。

時間が経って精神的に成長したことや、そもそも保育園とは預けてる時間の長さがちがうこともありますが、息子の社会性がしっかり育ってることが何より嬉しかったです。

手や足が出ちゃうのは、たぶん息子にあれこれ我慢させちゃってる親の責任でもあるかな。

感情を言葉にして伝えるのが苦手な息子は知らないうちにストレスためちゃってるんですよね。

ここは反省してます。

大好きなサッカーで息子も変われた

サッカーに関してはうちの息子センスあるんですよ。

こんなこと言ったら親バカとか言われるかもしれないけど、親バカで何が悪いんですかね。

親が自分の子どものいいところを認めて伸ばしていかなきゃ誰も褒めてくれないじゃないですか。

何かひとつ、好きなことやこれだけは誰にも負けないと自信があるものを身に着けてほしいから、息子にはこれからも大好きなサッカーを頑張ってほしいです。

関連記事:子どものサッカースクールなら本田圭佑監修のSOLTILO(ソルティーロ)一択でしょ!

まとめ

個人面談でこんなに胸が熱くなったので、発表会や運動会、保育参観などはもっとすごいんだろうなと思いましたね。

ズル休みしてよかった。

春からはクラス替えがあるそうなので、そこでまた新しい環境になったときにも嫌がらずに積極的にいける息子であってほしいと願うばかりです。

ぼくも息子と同じように、昨年末から転職して新しい環境になりました。

まったく経験したことない業種なので、ホントにゼロからのスタートです。息子と同じ。

どんどん成長していく息子からぼくも気づかないうちに勇気をもらってます。

子どもの成長
息子に言われた「パパありがとう」がグッときた話先日のこと。 お風呂に入ろうと思って、2階の部屋に着替えをとりに行ったんですよ。 ちょうど2階で息子がゲームをやってたんです...