荒野行動のせいで電池の減りが早くてつらい人におすすめの対策

荒野行動 電池の減り

本家PUBGのスマホ版が出たにも関わらず、荒野行動はすごい人気ですね!

ぼくも暇な時間に荒野行動を楽しんでるのですが、ついやりすぎてiPhoneの充電がなくなることもしばしば。

一緒にやってる会社の同僚もiPhoneの電池消費に悩んでました。

特にぼくら新聞屋にとって、スマホの地図アプリは必需品なので充電切れはダメージ大きいんですよねぇ。

もしかしたらぼくらのiPhoneだけが電池の消費激しいのかと思って、同じように荒野行動ユーザーの電池消費について検索してみました。

荒野行動 電池」で検索しただけでも、電池の消耗を嘆く人のツイートがたくさん出てきました。

スマホアプリにしてはグラフィックにもかなりこだわって作ってるような感じがするので、その分電池消費も激しくなっちゃうんですかね。

荒野行動もやりたいけどスマホの電池がなくなるのは困る!というわがままな願いを叶えるために、ぼくが素晴らしいスマホケースを紹介します。

iPhone6以降モデルユーザー向けバッテリー内蔵ケース

このケースのおすすめポイント
  • バッテリー内蔵型なので、いつもどおりiPhoneを持ち歩くだけでOK
  • 厚さ13mm、重量99gと、同じタイプのケースと比較してもスリム設計
  • 装着したままiPhone本体、ケースの両方を充電できる(どちらも満了の場合は自動で充電OFF)
普段使いしてるスマホケースを装着するような感覚で予備バッテリーを積める優れもの。値段も手ごろだし、iPhoneの充電持ちが悪いと嘆いてる人にはぴったりなケースですよー!
なにより、充電器をiPhoneに挿した状態だと荒野行動はやりにくいんですよね。操作性も損なわないようにするならバッテリー内蔵型ケースの利用がおすすめですよ。

バッテリー内蔵ケースが荒野行動ユーザーの悩みを解決

スマホの電池残量は荒野行動をやってるかどうかに関係なく気になりますよね。

特にぼくのように仕事でスマホを活用してる人にとっては、バッテリー切れは死活問題になりかねません。

少しでも電池の減りを抑えたいけど荒野行動も楽しみたいという人ならバッテリー内蔵ケースの利用が最も簡単にできる電池の減り対策ではないでしょうか。

スマホケースとスマホ本体が両方とも満充電の場合、ただケースをつけてるだけなのにスマホの充電2回分使えることになります。

モバイルバッテリーを持ち歩くのもいいけど、荷物を最大限減らしたいという手ぶら派の人にとっては普段と同じ感覚で使えるのが便利ですよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です