ブログ運営

好きなものだけを特集した「雑誌ブログ」が面白い

これからブログを始めようと思ってる人が、特化ブログか雑記ブログかで迷ったとします。

まあ最初からあんまり難しく考えるとブログが続かなくなるので、まずは以下の順番でやっていくといいと思いますよ。

  1. とりあえず雑記ブログを作って100記事書く
  2. 書いてて楽しいカテゴリを見つける
  3. そのカテゴリを切り離して特化サイトを作る

こんな感じですね。

100記事書くのには理由があって、まずは「ブログ筋」を鍛えることが大事なんです。

『ブログ筋とは…ブログを継続的に書く体力というかベースとなるもの。これがないとブログを続けるのは難しい』

100記事書くのに1ヶ月もあれば充分という人もいれば、1年かけて100記事書いたという人もいます。

これは正直どっちでもいいです。100記事書くのはトレーニングなので。

まあ早く100記事書くに越したことはないと思いますよ。

記事を量産する力は後々必ず活きてきますから!

ちなみに、ぼくがツイッターで仲良くさせてもらってる「こぼりたつやさん」は、1年で500記事書いてる変態です。

こぼりさんのブログはこちら→ひたすら無策で書きまくれ!日記ブログを1年間続けてみたらどうなった?|たまホルブログ

100記事も書いたら、自分の好きなことや、書いてて楽しいことが見えてくるはずです。

それなりにアクセス集める記事とかもわかってきますね。

そういったものを、ひとつ目のブログから切り離して新しいブログを作りましょう。

その「新しいブログ」を何かひとつのカテゴリに特化したブログにしていくんです。

自分の好きなものだけを集めた「雑誌」をイメージ

一言で雑誌といってもいろんなジャンルの雑誌がありますよね。

  • ファッション誌
  • 旅行誌
  • グルメ誌
  • ゴシップ誌
  • 少年ジャンプのようなコミック誌

これ以外にもコンビニの本棚を見てもたくさんあります。

どんな人にも1つぐらいお気に入りの雑誌があると思うんですよ。

ぼくは「Lightning」というアメリカンスタイルをまとめてる雑誌が好きでよく読んでます。

この「雑誌」を、自分のブログで表現すると考えたらブログを続けることも楽しくなりそうじゃないですか?

好きなものをひとつだけ追求する

例えば、あなたが車好きだとしましょう。

数多ある自動車メーカーの中でも、特に「レクサス」が好きだという人の場合で説明してみますね。

例:LS500に特化した専門誌を作るイメージ

例えがレクサスなので、レクサスのフラッグシップモデル「LS500」についての特化サイトをつくることにしましょう。

メインテーマが「レクサス」で、メインカテゴリが「LS500」です。

まずは、LS500の試乗体験記や、外観、内装のレビュー、動力性能、主観的な魅力を記事に書きまくります。

カタログを見ればどんな車かはわかりますので、実際に目にして触れた人の意見が大事です!

本当に好きなものならこれだけで20記事は書けるはず。

記事を書いたらカテゴリ分け

ある程度の記事数がたまったら、記事のジャンルごとにカテゴリ分けしてあげましょう。

ぼくがLS500の特化サイトを作るとしたら

  • 実車レビュー
  • LS500のカスタマイズ方法
  • LS500をカスタマイズしてるショップの紹介

こんな感じのカテゴリで記事を作っていきます。あとは必要に応じてカテゴリは増やしていいかも。

ブログは雑誌づくり

自分の好きなものだけに囲まれたメディアを自分で作れたら楽しそうだなーと思った人は、ブログやった方がいいですね。

まだブログやったことないという人は、たぶん最初のブログからうまくいくことはほぼほぼありえません。

時間をかけてコンテンツが充実した雑誌を作っていくイメージで、長い目でブログに取り組んでほしいですね。

とりあえず100記事と書きましたが、アクセス数やお金を稼いでるブロガーさんは500記事以上書いてるのが普通なので、ぼくも負けじと記事書きます!(現在230記事)

ブログ PV増やす方法
【ブログPVアップ方法】1日1PV読まれる記事を1000記事書くだけあ、どーもサンタクです。 今日ね、仕事中にぼやっと考えてたんですよ。 どうやったらブログをもっとたくさんの人に読んでもらえる...