子育て記録

幼稚園の入園式で家とはちがう顔を見せてくれた娘。成長したなぁ

子ども 入園式

あ、どーもサンタクです。

4/11は娘の入園式に行ってきました。

自分でも何でかよくわからないけど、入園式なのに感動したんですよ。

 

新入園児→保護者席(各家庭1名)→保護者立ち見

会場では舞台を正面に見たらこんな感じで座りました。自分は立ち見席。

 

式が始まる前は不安そうな顔をしてた娘。

席に座らせて、自分が立ち見席に行こうとすると泣きそうな顔して手を握ってくる娘。

ギリギリまで娘と手を繋いでお話ししてたんだけど、保護者立ち見席もいっぱいになりそうだったから「後ろで見てるからね」と伝えて娘から離れました。

泣くかな?と思ってたけど意外と大丈夫そう。

 

うしろを振り返っては笑いながらママに手を振る娘。

保護者立ち見席を見回してぼくを探してる様子の娘。

娘がわかりやすいように、ぼくも手を振り続けました。

やっとぼくに気づいた娘も笑いながら手を振ると、今度はしっかり前を向いて座ってました。

ちゃんと同じ空間にいることに安心したのかな?

新入園児 呼名もしっかりできた

式では先生や来賓の挨拶のあと、新入園児の名前を1人ずつ読み上げる場面がありました。

席を自由に立ち歩く子、泣き出しちゃう子、ずーっとおしゃべりしてる子、緊張なのか固まって動かない子など、実に個性的な雰囲気の会場。

 

娘はキョロキョロしたりうしろを振り返ったりしつつも席を離れることはありません。

ちゃんとできるかなー?とぼくの心配をよそに、自分の名前を呼ばれた娘はしっかり手を上げて反応しました。

 

なんかもう感動しましたね。

家じゃわがまま言いたい放題の甘えん坊が、こんなしっかりした姿を見せてくれるなんて…。

 

式が終わって教室に移動するときに、妻の顔を見て安心したのか娘が泣き出しちゃいました。

きっと頑張って泣くのをこらえてたんだろうなぁ。

我が娘、よく頑張った!

 

こうやって少しずつ大きくなっていく姿を見ると、ちょっと寂しくなっちゃいますね。

入園式に参加して本当によかった

最初はね、行かないつもりだったんです。

転職したてでまだ有給もないから、給料引かれるのつらいなーと思って。

 

でも、妻がいいよと言ってくれたので参加しました。

行かなかったら絶対後悔してただろうなー。

娘の入園式は人生で一回しかないことですからね。

 

息子のときは途中入園だったから、そもそも入園式がありません。

つまり、自分の子どもの入園式を経験するのは今回が初めてだったんです。

ホント、行ってよかった。

 

あの空気感はいくら妻が口で説明してくれても、会場で直接感じないとわからないものですからね。

 

仕事は毎日嫌でもやってくるけど、入園式など子どものイベントはその場限りのもの。

どんな事情であれ参加できるものは積極的に参加していきたいです。

なんかうまくまとまらないけどこんな感じ。

 

娘よ、入園おめでとう!