楽天カードの債権回収会社(パルティール)から手紙が届いたら任意整理を検討しよう

楽天カード パルティール

楽天カード利用者が陥りやすい「リボ払い地獄」に、我が家もハマりました。

きっとこのブログを読んでくれてる人は楽天カードの返済をなんらかの理由で滞納した結果、債権会社から手紙が届いて困ってる人がほとんどだと思います。

うちもそうでした。

滞納分(利息含め17万円ほど)を分割で返済できるように楽天カードと直接電話で話したんですけど、なぜかリボ払い設定になってたんです。

楽天のリボ払いは金利が14%と高めで、ぼくが以前、楽天のリボ払いにしてたものが返済できなくて自己破産したこともあって、気を付けるように徹底してたのに…。

ギリギリのところで返済を続けてたのですが、ぼくの給料が減ったことや夏のボーナスがなかったことが原因で支払い計画が破綻しちゃったんですよ。

そこで我が家がとった行動は「任意整理」でした。

パルティール(債権回収会社)から手紙が届いたら法律事務所に無料相談

うちは楽天カードの返済を滞納してたら、債権が楽天カードからパルティールという債権回収会社に譲渡されました。

債権回収会社に債権が譲渡される状態って、債務者としては最後通告のようなものです。

今までは楽天カードが債権を管理してたものが、これ以上の回収が見込めないと判断したら債権回収会社が強制的に借金の回収をしようとしてきます。

うちの場合は滞納金額が約17万円と債務者の中では少額な方だったのですが、パルティールからの督促のハガキがきてたので、妻が連絡してみたんですよね。

[chat face=”man1″ name=”パルティール” align=”left” border=”blue” bg=”blue”]滞納分17万円を一括で返済するか、半分ぐらいを先に払ってもらえませんか?[/chat] [chat face=”tsuma.png” name=”妻” align=”right” border=”red” bg=”none”style=”maru”]主人と相談して連絡します[/chat]

妻から聞いたところ、パルティールとはこんな感じの会話があったそうです。

貯金がない我が家。滞納分を一括で返すことはおろか半分を返済するのも不可能でした。

そこで妻がネット検索した結果「任意整理」というワードが出てきたんです。

任意整理とは?

任意整理とは、貸金業者と交渉して債務額全体を減らしたり、月々の返済額を減らすことで、現在の支払いよりも負担を軽くする手続きです。弁護士が代理人の場合、依頼者の方と毎月支払いに回せる金額について協議し、業者と和解交渉をしていきます。和解交渉は、自己破産や個人再生などのように裁判所を通す手続きではなく、利息制限法の利率で計算し直した負債額について、貸金業者と、利息のカットや分割回数について交渉し、今後の返済計画を話し合いで決めていきます。

出典:法律事務所ホームワン

簡単に言うと第三者の弁護士に介入してもらって、債務を減らすか利息をカットしてもらうことです。

そもそも論ですが、任意整理や自己破産を躊躇する理由って家族にバレることが怖かったり金融関係のブラックリスト入りするのが嫌だったりするところにあると思いますが、債権回収会社に譲渡されてる時点で金融関係はブラックリスト入りしてます。

つまり、任意整理するしないに関わらず楽天カードの返済を滞納した時点で今後は新規のクレジットカードの発行やローンを通すのはかなり厳しくなります。

家族にバレるのが嫌という人は別として、ブラックリスト入りを気にしてる人はサクッと任意整理した方が不要な利息を払わなくて済むようになるんですよね。

それと、任意整理は自己破産とちがって裁判所を通しての手続きがありません。

任意整理をお願いする法律事務所が仲介人となって、債権者との交渉をすべて請け負ってくれます。

基本的には任意整理の契約をした時点で、すべての面倒なことから解放されます。

うちの妻は支払い総額を考えて任意整理を決行しました。

17万円の元金を14%の利息で返済し続けても、完済するまでに数十年かかると判断したからです。

任意整理の相談は一回でOK

自己破産とちがって、基本的に任意整理は司法書士に依頼する最初の一回だけで手続きが終わります。

一度司法書士と契約を交わせば、めんどくさいことは基本的にありません。

すべてあなたに代わって司法書士が債権回収会社と交渉してくれるので、スムーズに借金を減額できますよ。

電話での無料相談を終えて実際に司法書士事務所に行くときは、身分証明書とハンコを忘れずに持っていきましょう。

契約時に必要になります。

電話で無料相談[jin_icon_arrowdouble color=”#e9546b” size=”18px”]

任意整理のデメリットは?


任意整理をすることの最大のデメリットとしては、借入ができなくなることです。

今まで生活費をカード払いでどうにかやりくりしてきた人はちょっとキツイかもしれないけど、現金で生活するサイクルを作り直す必要がありますね。

ただ、任意整理を検討する段階になってる人の多くはすでに何らかのカード会社やローン会社を滞納して、金融ブラックになってる人がほとんどだと思います。

借金を滞納して金利ばかり無駄に増やすなら、早い段階で法的手段に出た方が無駄なお金(利息など)を払わなくて済みますよ。

任意整理にかかった費用は4万円

うちが任意整理を法律事務所に頼んで、実際に交わした契約は約4万円でした。

4万円というのは、債務整理をする会社が1社につき約4万円。うちの場合は楽天カードのみだったから4万円です。

借金に悩んでるあなたに4万円の出費は正直つらいと思います。

うちももちろん同じで、4万円をその場で支払うとなったら無理です。

その4万円を現金で持ってたら楽天カードの支払いに回してたかも。

ですが、任意整理をお願いする人の気持ちを察してか、法律事務所は報酬を分割支払いに設定してくれます。

任意整理を頼む人が一括で4万円ものお金を払えないというのは理解してくれてるんですよね。

債権回収会社とちがって法律事務所は良心的です。

法律事務所側が約4万円の報酬金を3~4回での支払い相談に応じてくれるので、今後の借金返済計画もグッと楽になりますよ!

子どもが大きくなる前に借金はキレイに清算しよう

子どもがいる家庭で借金に悩んでる人は、なるべく子どもが小さいうちにキレイにしておくことをおすすめします。

というのも、自己破産や任意整理によって金融ブラックになったとしても、長くても10年経てば与信情報はキレイになると言われてます。

子どもが小さいうちはまとまったお金が必要になる機会はほとんどありませんが、大きくなるにつれて教育費などが増えていきますよね。

それまでに貯金ができてればいいけど、もし一時的に借金してでもまとまったお金が必要になったとき、金融ブラックのままでは子どもの将来を潰しかねません。

お金がないから子どもに好きなことをさせてあげられないなんて、親としてこんなに惨めで悲しいことはないですよね。

任意整理の無料相談は汐留パートナーズ法律事務所に頼んでみよう

まだ任意整理をするかどうか悩んでるけど、とりあえず専門家に相談してみたいと思ったら、汐留パートナーズ法律事務所に電話相談してみましょう。

汐留パートナーズ法律事務所なら、匿名で全国対応してくれます。

あなたのプライバシーをしっかり確保しつつ、プロの法律家の意見を無料で聞けるので、電話相談だけでもしてみる価値はありますよ。

まずは電話の無料相談で、借金に悩んでるあなたの現状を法律のプロに素直に相談してみてください。

借金問題はいくらインターネットで検索してもなかなか解決しません。

それはあなたとまったく同じ状況の人はなかなかいないからです。

素人の意見を見るよりも今の現状をありのまま法律家に相談してみて、任意整理が適切なのか、それとも自己破産や法律的手段に出ないで返済していくのが得策なのかを教えてもらいましょう。

借金の金額や生活状況などから、債務整理をしなくてもどうにかなることもあります。

そこはプロに判断を委ねた方が賢明ですよね。

 

ただ、きっとこのブログを検索してたどり着いた人のほとんどは、任意整理をした方が得策なはず。

借金に追い込まれて現状をどうにかしようとする人の気持は、ぼくも経験者だから痛いほどよくわかります!

まずは電話で無料相談だけでもしてみてください。

匿名でOKなので、必要以上に個人情報を晒す必要もありません。

無料電話相談する[jin_icon_arrowdouble color=”#e9546b” size=”18px”]

追記:任意整理が無事完了した結果はこうなりました!

総額で約17万円のカード元金。

このうち、3万円を頭金として支払って、追加金利なしの月々5,000円返済していくことで落ち着きました。

頭金を払うのは痛かったけど、追加金利なしになったので、これ以上無駄な支払いがなくなったことは保障されたのでよかったです。

1年ちょっと返済を頑張れば楽天の借金とおさらばだ!

借金にも終わりが見えると頑張れますね。

今悩んでるあなたも、債務整理をぜひ検討してみてくださいね。

https://santaku8.com/jikohasan-syakkin-2/

1 COMMENT

サンタク

賢い人間を気取ってるつもりはないですよ?

むしろクズ人間はブログ内でも公表してると思いますが…。

それとこの記事に書いてある債務整理は妻のことですよ。

自分は数年前に自己破産してるので、そもそも債務整理できるようなクレカを持っていません。

ご心配、ご指摘いただいてることには感謝しています。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA