コラム

犬を飼いたい人は里親制度を使って社会貢献しませんか?

大人 仕事

あ、どーもサンタク(@santaku817)です。

ペットを飼いたいなと思ったとき、まずはペットショップに行ってみようかとなりませんか?

その考えにちょっと待った!と言いたい。

あなたが犬を飼いたいと思う理由はなんですか?

犬がかわいいから?

一人暮らしで寂しいから?

友だちが飼ってるのを見て羨ましいから?

理由はそれぞれあると思います。

ですが、その犬を買うのはペットショップじゃないとダメな理由はないですよね。

ぼくはペットショップで犬を購入しようとしてる人にちょっと考え直してほしいんです。

犬がかわいかったり、一人暮らしで寂しかったり、友だちが飼ってるのを見て羨ましくなって犬を飼うなら、購入先はペットショップじゃなくてもいいですよね?

NPO法人犬と猫のためのライフボートで犬がもらえる

意外と知られてないんですけど、犬の里親制度というものがあるんですよ。

実は我が家も先日面会してきて新しい家族を迎えることになりました。

 

犬種は雑種の男の子。

施設の方によると、野犬の子で6頭兄弟。

生後半月ほどで保護されて、施設にやってきたそうです。

これがもうかわいいのなんのって。

超人懐っこいんですよ!

まだ去勢手術が終わってないから引き渡されてはいないので、早く家に来るのが待ち遠しいなぁ。

来ました!我が家に犬がやってきました!

犬の里親 千葉県
犬の里親制度を使って新しい家族が増えたから紹介します。あ、どーもサンタク(@santaku817)です。 新しい家族が増えました。 pic.twitter.com/3BgEXrzBUd...

 

もちろん、NPO法人の動物保護団体なので個体差はあります。

人懐っこい子だけじゃなく、中には人間不信でビクビク怯えてるような子や、病気で足がない子もいます。

でも、よっぽど犬種や血統書にこだわりがないなら、こういったところから犬を引き取って里親になるという選択肢も考えてみませんか?

あなたが里親になることで救われる命がある

街のペットショップにいる犬はどの子も『◯◯犬 』みたいなブランドがあって、愛くるしい幼犬ばかりですよね。

でも残念ながらペットショップで売られてる犬には、『消費期限』があります。

言い方が悪くなってしまいますが、幼犬の間に売れなかった子たちの多くは殺処分されてしまうんです。

人間のエゴで商品化され、それでも商品価値がない子には容赦ない処分が待ってる。

人間ってホントに身勝手ですよね…。

里親として犬を迎え入れるのにかかる費用はいくら?

これから犬を飼おうと思ってる人が『NPO法人犬と猫のためのライフボート』で引き取ってくるのにかかる費用は3万円です。

これには、ワクチンや去勢手術費用が含まれてるのですが、あなたが払う3万円は一頭分の費用だけじゃありません。

これから先、保健所から引き取ってくる犬たちのためにも使われます。

ペットショップで何十万円も払って犬を一頭買ってもペットショップの儲けにしかなりません。

でも、あなたがNPOから犬を引き取ってくることで、いくつもの命が救われるんですよ。

犬の引き渡しまでにNPO法人がやっておいてくれること

  • 最低1回の6種混合ワクチン接種済み
  • 早期不妊手術済み(性別問わず)
  • マイクロチップ挿入済み ※2017年4月から
  • ノミ・ダニ・腸管寄生虫の駆虫薬 投与済み
    ※駆虫薬や予防薬の投与を飼育中に複数回行いますが、環境上再感染する可能性もあり、譲渡後に検査や再度の駆虫が必要になる場合もありますのでご了承下さい。
  • フィラリア予防薬 投与済み
    ※予防の季節に定期的に投薬をしていますが、子犬は投薬前検査を行っておりません。

犬を飼う以上、最低限のことは引き取り前にやっておいてくれてます。

子犬の場合は引き取り後に追加で打たないといけないワクチンがあるので、詳しいことはNPO法人犬と猫のためのライフボートに相談してみると丁寧に教えてくれますよ。

犬を飼えない人でもできる支援がある

いろいろな事情でペットを飼育できないけど、動物が殺処分されるのは見過ごせないという人には、間接的にできる支援があります。

  1. 物で支援
  2. お金で支援
  3. 活動で支援

などなど。

NPO法人犬と猫のライフボートでは、毎日面会ができるんですよ。

自分の家ではペットの飼育ができないけど、施設で元気に生きてる様子を見に行くことはいつでもできます。

ドッグフードや新聞紙などの支援物資が、特に喜ばれるみたいですよ!

押し紙で残紙を大量に抱えてる新聞販売店は、社会貢献にもなるから動物保護団体と提携してみるのはどうでしょうか。

もしかしたらちょっとだけ部数伸びるかも?(笑)

詳しくはNPO法人犬と猫のためのライフボートをご覧ください。

動物の殺処分なんかなくなればいい

ペットショップが悪いとは言いませんが、これから犬や猫などをペットとして家に迎え入れたいと考えてる人にはよく考えてほしいんです。

野良犬や野良猫が増えすぎたから殺処分しようというのはホントに人間のエゴでしかないんですよね。

こうやって動物を殺処分から守ってくれるNPO団体があるんだから、個人ができる支援はそこからペットとして迎え入れてあげることだと思います。

ホントに犬や猫が好きなら雑種だってなんだっていいじゃないですか!

もっともっと犬の里親制度が世間に広く認知されてほしいと願ってます。