プロフィール

サンタク8.comの運営者、サンタク(@santaku817)です。

ここではぼくの生い立ちなどの個人的なプロフィールを書いておきます。

顔、実名は非公表で運営してるので、こんな人がこのブログを運営してるんだなーと想像しながら読んでもらえると幸いです。

あ、プレゼントもお待ちしてまーす!

こういったところから応援してもらえると明日を生きる活力になりますよね。

ほしいものリスト

サンタクの経歴

関東某県で生まれ育ちました。

幼少期からちょっと特殊な家庭環境で育ち、小学校までは順当に卒業。

中学校に入り道を逸れ始める。この辺はまあよくあることですよね(笑)

ここらへんから徐々に人生が崩壊の音を立て始めました。

最終学歴は高校中退

高校には一度入りました。偏差値50ぐらいの県立高校。まあ人並ですね。

ただ、この高校に入るために猛烈に受験勉強をしました(勉強開始時期は中学3年の12月と遅め)

志望校を決めた時点での偏差値は38。試験までの日数は約2ヶ月と、かなり短期間の勝負となりましたが、このときの成功体験は「やればできる」をリアルに感じられたのでよかったです。

ここまで勉強を頑張ったのはぼくの人生で後にも先にもこの時期だけかも…。

んで、頑張って入った高校ですが、1年の冬に中退しました(笑)

学校は嫌いじゃなかったんですよ?まあ紆余曲折あって高校を辞めることになりました。

高校中退後は派遣社員という名のフリーター

高校を辞めた後は、とりあえず働くことを親から強要されたので、なんとなくタウンワークをながめてました。

そこで見つけた派遣会社に登録。ちなみに当時のぼくは派遣会社というものを知らなかったので、純粋に「就職できた!」と思い込んでました。無知は怖い。

学校を辞めたあとのぼくは毎日ヒマだったので、とりあえず登録した派遣会社でなんとなく日雇い(日給8000円)のバイトの毎日。

それでも最初のころは「お金を稼ぐ」ということが楽しく感じられたんですよね。

これは自分の家庭環境の影響もあるのですが、割と貧乏な家庭だったんですよ。だからお小遣いとかもらってなかったし、自由に使えるお金というものをもってなかったんです。

派遣会社にいる周りの大人を見て危機感を覚える

とりあえずお金を稼ぐことが楽しかったけど、仕事をすることが日常的になると慣れてくるんですよね。

ぼくが登録してた派遣会社はチームがあって、各チームにはそれぞれリーダーがいたんです。

リーダーという大役を任されてるだけあって、割と年齢高めな人が多いんですよ。その人たちもリーダーとは名ばかりで、立場としては同じ「派遣社員」だったんですけどね。

一応、リーダーは手当ついて日給1万円もらってたようですが、40才過ぎた大人が1日頑張って働いて1万円しか稼げない、しかも社会保険も入れず昇給もボーナスもないのかと、自分の人生に置き換えたときに急に絶望を感じてしまったんですよ。

世間話をしてるとみんなそれぞれ前職は銀行員や公務員など、立派な仕事をしてたり、大卒の人なんかもいたのですが、どこかでまちがって転落人生を歩むことになってしまった人たちなんですよね。

高校を辞めた自分がなんとなく登録した派遣会社で感じた危機感から、それまで以上にお金に執着するようになりました。

中卒に仕事がない理由 
中卒には仕事がないってホント?高校を一年で中退したぼくの体験談 中学を卒業してすぐに働き始めた人。 高校には入ったけど途中で辞めた人。 どちらも最終学歴は「中卒」ですよね。 ...

そして逮捕。手錠は重く冷たかった…。

実はぼくには逮捕歴があります。未成年のときの事件なので、前科にはなりませんでしたが前歴はあります。このときに少年院も経験しました。

事件の内容とか詳細は身バレ防止のため省きますが、事件を起こしたすべてのきっかけとなったのは「お金」です。

お金はしっかり知識を身につけないと、ホントに人生を狂わせるものだということは30代になった今だからこそわかることで、ぼくが少年だったあのころはとにかく無知だったんです。

10代の約1年間というとても貴重な時間を塀の中で過ごすことになったぼくですが、この時期のことは一生忘れません。

少年院を経験した後は離婚、自己破産を経験する

さらっと書くけど、自分バツイチっす。

逮捕歴あってバツイチなうえに、自己破産もしました。普通に生きてる人が経験しないようなネガティブなイベントは一通り経験しましたよー(笑)

ぼくが自己破産したのは26、7ぐらいだったかな。

若いときに車に注いだ借金を、無計画な転職を繰り返したことで返せないぐらいのところまで追い込まれたんです。借金の総額約450万円。

そんなクソみたいな状況だけどぼくは結婚していて、妻のお腹には長男がいました。貯金はありません。この頃の給料は月の手取りで20万円もなかったような…。

この時期がたぶん人生のどん底だったように思います。逮捕されたときよりも精神的につらかったですね。

毎日のように届く督促状、返済を催促してくる電話。なにひとつ解決する能力も財力も持ち合わせてなかったぼくは、ただ頭を抱えることしかできませんでした。

そんな当時のぼくを救ってくれたのが妻。自己破産しようと言ってくれたのも妻だったんです。

ふつうは自分の旦那が自己破産なんて嫌ですよね?

自己破産で生じるデメリットも踏まえたうえで、それでも今の生活を少しでもよくすること、生まれてくる子どものことを考えると自己破産するべきと判断した妻は正しかったんです。

自己破産するにも弁護士を雇う実費がなかったので、法テラスという機関に頼りました。

自己破産の手続きのやり方も、法テラスのことも調べてくれたのは全部妻。ぼくはただ妻の言うことに従ってただけです。自分で作った借金なのに情けない…。

妻のおかげで今があります。

自己破産 やらない方がいい?
自己破産はやめた方がいい?借金で自殺するぐらいならやった方がいいよあ、どーもサンタク(@santaku817)です。 自己破産ブロガーです。 ぼくが自己破産してからそろそろ4年?5年??ぐら...

お金の余裕はまったくないけど2人の子どもに恵まれて幸せ

高校中退→少年院→自己破産と絵に描いたようなクズっぷりを発揮してるぼくですが、今では二人の子どもたちとデキる妻に恵まれて幸せに暮らしてます。

自己破産したとは言え、過去に滞納してた税金の支払いに追われる日々。

金銭的な余裕は自己破産前と何ら変わりませんが、自己破産してなければ税金+借金の返済があって生活は破綻してたはずです。

税金は自己破産しても免除されないということを知ったのも20代後半になってからです。ホントに無知なんですよねぇ。

妻からはいろいろ細かい指摘をされたりしてイラっとすることもあるけど、ここまで立ち直らせてくれた妻には感謝しかないですね。妻あっての今の自分です。

自己破産 困ること
【体験談】30代前半のぼくが自己破産したことで感じたデメリット借金でクビが回らなくなった金融ブラックのみなさん、こんにちは。 ぼくも私欲の限りを尽くした結果、5年ほど前に自己破産した経験があり...

金銭的な余裕を作りたくてブログを始めた

今ではサラリーマンとしての給料は年収ベースで約500万円と。それなりにもらってはいますが、支払いが多くて金銭的な余裕を作れません。

そこで、副業としてサラリーマンでも始めやすい「ブログ」を始めることにしました。

まず作ったブログが家族のしゃべり場という雑記ブログを立ち上げました。

家族をテーマに始めたブログですが、運営期間半年ほどで月に約5000円ほど稼ぐブログとなりました。今では家族のアルバムのような立ち位置で運営してます。

そこで、リスクヘッジも兼ねて始めたのがこのサンタクブログです。

30代のリアルライフをテーマに、仕事のこと、夫婦関係、お金事情などを発信していく個人ブログを作りました。

ぼくほどのクズはそうそういないと思ってるので、最底辺を歩いてきたぼくの失敗談なんかを読んで反面教師にしてもらいたいという思いがあります。

追記:今では『家族のしゃべり場』は主に家族の思い出などのアルバム用としてのブログ、『サンタクブログ』は収益を意識した雑記ブログとして運営しています。

さらに追記:『家族のしゃべり場』と『サンタクブログ』を統合しました。

失敗ばかりしてきたぼくにしか伝えられないことがある

高校中退、少年院、自己破産と、普通に生きてたらなかなか経験しないようなことを経験してきたぼくだから伝えられることがあると思ってます。

成功者が成功談を語るのもいいけど、数多くの失敗をしてきたぼくが失敗談を語るのも悪くないんじゃないかな。

反面教師になって、少しでも道を間違える人が減ってくれるといいなという願いを込めてぼくは失敗を語ります。

たまにネガティブな意見も発信するけど、基本的にはなるべくポジティブに失敗を語れるようにしていきます!

11/17追記:会社辞めて無職になりました(笑)

ブログでも書きましたが、2018年9月末で勤めてた会社を退職しました。

たびたびブログのネタにもなってたザ・ブラック企業の代名詞「新聞屋」を辞めて個人で稼ぐことに注力しようとあれこれやってます。

ネットショップ経営、ブログアフィリエイトを中心に事業をつくっていきます。

今まで家族と過ごす時間をロクにとれなかったので、夫婦で試行錯誤しながらのんびりやろうかなと。

12/25さらに追記:基本的に定時上がりの優良企業に就職しました!

一度は会社員を辞めてフリーで生きていこうと決めたものの、安定的に収入が得られないのは不安。

それに、わずかな貯金も底をつきそうだったから就職しました。

ただ、今回は拘束時間も原則定時、年間休日110日の優良企業に就職しました。

家族との時間はしっかり確保しつつ、『会社員+副業』のスタイルで安定的にお金を稼ぐ道を選んだ結果がこれ。

会社員ってだけで社会的な信用は全然ちがうし、家族がいると毎月安定した給料があるかどうかは精神的な不安感がちがうんですよね。

中卒 転職
30代中卒の転職活動結果報告。希望通りの正社員採用が無事決まりましたあ、どーもサンタク(@santaku817)です。 30代中卒、キャリアもスキルもない自分が、希望通りの条件で無事就職できました!...

というわけで、こんなサンタクをよろしくお願いします!

最後にもう一発ほしいものリスト置いときます(笑)

ほしいものリスト