コラム

社員旅行が強制参加なら2日分の給料をしっかり出してくれないと困る

社員旅行 無駄

あ、どーもサンタクです。

社員旅行って会社が開くイベントの中でもキング・オブ・ムダだと思いません?

せっかくの休日なのに、どうして会社の人と2日間も一緒に過ごさなければいけないのか、まったくもって謎です。

社員旅行は強制参加だ!とかいう企業はさすがにこの時代にはないだろうけど、参加しないと陰口言われたり不当な扱いを受けたりする企業はまだまだあるみたいですね。

まじで社員旅行なんて一部の人しか喜ばないイベントなんだから、自由参加なのはもちろん参加する人には2日分の給料払うぐらいのことしてくれないとつらいわー。

どうしてこんな記事書いてるかというと、実は新しく転職した会社は社員旅行がある会社だったんですよ…。

それ聞いたとき絶望しました。

せっかくいい会社に入れたと思ってたのに。減点10ポイント。

というわけで、社員旅行なんていうバブル時代の悪しき風習をいまだに続けてる企業に、ぼくから提案をさせてもらいます。

社員旅行の代わりに家族旅行をプレゼントしてくれ

いやまじで。

社員旅行とか連れていってくれなくていいから家族旅行分の手当てつけてくれ。

どうせあれでしょ?

社員旅行なんて福利厚生やら節税やらの一環なんでしょ?知らんけど。

それなら福利厚生として全社員に一律3万円とかの旅行手当つけた方が喜ばれるぞ!

サンタク
サンタク
家族旅行プレゼントしてくれた方が福利厚生としてはありがたい

社員旅行の強制参加はパワハラだ

会社の同僚は友だちとか家族じゃないんですよ。

あくまでも『同僚』であって、休みの日まで一緒に過ごしたいような人間関係じゃないです。

そりゃ中には休みの日に遊んでも苦にならないような人間関係の同僚もいるかもしれないけど、会社の同僚全員とそんな仲なわけないですよね。

会社の都合で勝手に日時と行き先を決めて社員に強制参加させるとか、最早パワハラ以外の何物でもないぞ!

ましてや宴会の席でお酌だとか上司に気使わせるようなことさせてるならアウト。

それは接待業務なので手当をつけるべきです。

サンタク
サンタク
人の貴重な休日を奪うことの重みをもっと理解してほしい

社員旅行に人生で2回参加したときの体験談

ぼくはね、社会人生活が15年ほどになりますが、人生で2回だけ社員旅行に参加したんですよ。

どっちもちがう会社だったんですけど、一回目は2年連続で参加拒否したからさすがに気まずくなって参加。

二回目は超ワンマン社長だったから社長の言うことは絶対的な感じで強制参加。

一回目の社員旅行の記憶は酒飲んでたことぐらい

一回目に参加した社員旅行は、土日祝休みの会社だったんですよ。

んで、毎回そうだったんだけど土日月の三連休のときに『日曜発』で一泊二日でした。

理由はお察しの通り、日曜発が安いからなんですけどね。

三連休のうち2日間も会社の人たちと過ごすとかまじで地獄だなー嫌だなーとしか考えていませんでした。

 

出発前にこんなに憂鬱な気分になる旅行あります?社員旅行ぐらいでしょ。

しかも出発時間が朝6時に会社集合とか何それ。早出手当つけろよ!

 

そんなこんなで参加した社員旅行ですが、ぶっちゃけ何も記憶にありません。

どこに行って何をしたのか、まじで何も覚えてないんですよね。

それぐらい薄い旅行だったということか。

 

家族旅行とかって普通は記憶に残るじゃないですか。

やっぱりそれは楽しい思い出だからなんですよね。

唯一残ってる社員旅行の記憶と言えば、『ずーっと酒飲んでた』ことだけ。

行きのバスの中から帰りのバスの中まで、まじでずーっと酒飲んでた。

これも仲いい先輩の付き合いで。

あのね、いくらぼくが酒好きだからと言っても、さすがにずーっと飲みっぱなしはつらいわけよ。

バスの移動の車中、昼飯で寄った店、旅館?ホテル?の宴会。

唯一、酒以外の水分を摂ったのは朝寝起きのコーヒーと朝飯の味噌汁ぐらい。

二日目のバス移動の中でもひたすら酒。

 

そんな酒漬け旅行から開放されたあと、個人的に飲みに行ったけどね(笑)

んでもこの社員旅行の記憶はまじで酒しかない。しかもまったく楽しくない。

今考えてもぼくの人生の中で貴重な2日間を棒に振ったような感じで腹立ってくるわ。

二回目の社員旅行の記憶はゲロ吐いてたことぐらい

超ワンマン社長による強制参加の社員旅行の記憶は、ゲロを吐いてたことしかありません。

このときの会社は新聞屋。

まず日程を説明しておくと

超弾丸社員旅行日程表
  1. 日曜日 朝刊配達が朝5時30分に終了
  2. 同日 朝7時に会社集合、出発
  3. ホテルに一泊
  4. 月曜日 休刊日で朝刊は休み
  5. 同日 ホテルで朝飯後、帰社
  6. 同日 昼ごろ到着、夕刊配達
  7. 火曜日 通常営業で朝刊配達からスタート

まあこんな感じですよ。弾丸すぎやしないですかね。

こんな強行日程で社員旅行に行くメリットを教えていただきたい。

この旅行でも社長の酒に付き合わされて、さすがに疲労の蓄積と寝不足な状態で酒をちゃんぽんしたからか、二日目はずーっとゲロ吐いてました。

楽しい思い出がひとつもない。

人生で貴重な2日間を消耗しました。

社員旅行のせいで貴重な時間を奪うのは悪でしかない

この二回の社員旅行だけでも、すでに4日間も人生の中で貴重な時間を浪費してしまいました。しかも無給で。

まじで社員旅行なんて誰が喜ぶイベントなんだよって思いますよ。ホント。

上司や先輩に気は使うし、もちろん家族との貴重な休日だって奪われるわけだし。

百害あって一利なし。

 

それでも社員旅行を今後も続けていく企業があるなら、『社員旅行に参加してくれる人には手当支給します』ぐらいの低姿勢でいったほうがいいですよ。

末端社員になればなるほど社員旅行なんて喜んでないですからね。

旅行に連れていってあげてるんだからありがたく思えなんて自惚れちゃダメですよ。

むしろ社員が渋々付き合ってあげてるんだから。

社員旅行を休む理由

これだけ文句言いながらも、ぼくは15年間の社会人生活の中でたった二回しか社員旅行には参加していません。

社員旅行がない会社にいた時期もありましたが、社員旅行は極力避けてきました。

それでも毎年断るのはさすがに気まずいから参加してあげたんです。

まあ休む理由なんてどうにでもつけられるので、そのうち『社員旅行 休む理由』みたいなキーワードでブログ書きますね。

ぶっちゃけ図々しさがあれば誰でもできます。

追記:『社員旅行 休む理由』みたいなキーワードでブログ書きました。

まじで誰でも思いつくような言い訳ですが、実際にぼくもこれを使って参加拒否に成功しましたよっていう実列つきで紹介してます。

気をつけないといけないワンポイントなども解説してるので、ぜひ参考にしてみてください!

社員旅行 休む理由
【ライフハック】社員旅行を休む理由に使い勝手がいい言い訳を紹介しますあ、どーもサンタク(@santaku817)です。 まじで社員旅行なんてクソイベント考えたやつ誰だよ! 半強制的に人の時間を...