休みたい気持ちと対峙する水曜日の朝の憂鬱【労働から解放されたい】

水曜日 休みたい

朝5時。

アラームが薄っすらと聞こえつつも、聞こえないふりして目を開けないぼく。

おもむろにお腹を『トントン』っと叩いて、ぼくを起こす妻。

いつもは割とのんびりな妻がなぜか今朝は早起きだ。

このまま二度寝してもしょうがないし起きるか…

眠い目をこすりながら起き上がり、ダイニングへ向かう。

最近は朝5時起きが徐々に定着しつつある。

理由は1つ。

このブログを更新するためだ。

朝の静かな時間帯の執筆は、頭がクリアになってることもあってとにかく捗る。

5:15頃、グアムで買ったお気に入りのマグカップにアイスコーヒーを注ぎPCを起動。

グアム マグカップ

I♥GUAM Tシャツと

約8ヶ月ほど前に買い替えたPCは起動が早くて助かる。

中古PCながら非常に快適だ。

[jin-iconbox10]中古のノートパソコンをジャンクワールドで購入したレビュー[/jin-iconbox10]

スイッチを入れてからほんの数秒で立ち上がったPCで、ワードプレスにログイン。

記事の本文は仕事の昼休憩中にiPhoneで下書きを済ませてある。

朝の時間帯にやる主な作業は

  • 誤字脱字の修正
  • 文字装飾
  • リンク貼り
  • アイキャッチ画像作成

時間にして1時間ちょっとの作業を朝のうちに済ませる。

遅くとも6:40には仕事の準備を始めなければいけないので、いくら作業の途中であっても打ち切らなければならない。

こうなるともう憂鬱。

朝から不完全燃焼でモヤモヤした気持ちを抱えながら出勤することになる。

あれもやりたいこれもやりたい。

ワードプレスでブログ運営してる人なら共感してもらえると思うが、ブログ運営はとにかくやることがたくさんある。

記事執筆、デザインのカスタマイズ、リンク切れの修正…。

時間がいくらあっても足りない!

世の中には週休3日なんていう贅沢な会社もあるのに。

ぼくも今勤めてる会社は、原則として土日祝休み(繁忙期は例外あり)

今の会社に転職する前は週休1日、ブラック企業の代名詞『新聞屋』だ。

週休3日が羨ましいだなんて、きっと新聞屋時代のぼくが聞いたら怒るかもしれない。

[jin-iconbox10]新聞屋の給料は?労働環境はどうなの?4店舗渡り歩いてきたぼくの体験談[/jin-iconbox10]

それでもやっぱり週の真ん中、水曜日に休みがあると体も楽でいいのになぁと思う。

週休1日のところから週休2日以上の会社に転職できただけでも充分なのに、ホントに欲深い人間だ。

『休みたいなぁ…』

『仕事行かないと生活が…』

自分の中でサボりたい気持ちとやらなければいけない気持ちがせめぎ合う。

水曜日の朝はほぼ毎週こんな葛藤を抱えながらの出勤だ。

そして悪魔の囁きに打ち勝って最後まで仕事をやりきった!

会社に勤めていたら出勤日に仕事をするのは当たり前のことかもしれない。

でも、たまにはそんな自分を褒めてあげよう。

https://santaku8.com/roudoukirai/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA