コラム

結婚に年齢差は関係ない。大切なのは相手をリスペクトできるかです。

昨日、妻がぼくのTwitterアカウントで突然こんなことを呟いていた。

「サンタク」のアカウントは夫婦で共有してるので、妻も自由にツイートできます。基本的にはTLを眺めて楽しんでるみたいですね。

妻のこのツイートについてはぼくの仕事中に呟いていたので、全く知らずに見てビックリです。

でもこういうことをサラッと言えるのって素晴らしいですよね。

年下妻は学びの宝庫

うちの妻は

  • 芯の強さ
  • 素直さ
  • 柔軟性
  • 行動力
  • 人情

これらを兼ね備えてるんです。ぼくにはないものばかり。

たまに強情なところがありますが、基本的に寛容ですね。

ぼくが「会社を辞めて独立したい」と言ったら、普通なら反対すると思うんですよ。

でも妻はどうやって生計を立てていくかを一緒に考えてくれるんです。自分では思いつかないようなアイデアも出してくれますね。

いわゆる「嫁ブロック」というものが我が家にはほとんどありません。何でも肯定的に考えられるのはひとつの才能なんじゃないかと思いますね。

妻は何事にも肯定的でポジティブ思考

基本的に妻はぼくを否定しません。それだけでかなり救われてます。

何を言っても「いや、それは無理っしょ」なんて否定ばかりされてたらつらいですよね。

会話するのも嫌になりそう。

どうすれば描いた理想を形にできるかを考える力が素晴らしいんですよね。

ぼくは割と楽観的だけどネガティブ思考なところもあります。

妻がぼくのことを肯定してくれるおかげで自分の能力をポジティブに活かせるようになります。

ありがたいですね。

まとめ

口にして伝えるのはちょっと恥ずかしいことでも、こうしてブログで書いてみるのも悪くないですね。

この記事が昨日の妻のツイートに対するぼくの返事にしておきましょう。

ぼくにとって妻はとても大切な人です。

サンタク
サンタク
妻ー愛してるよー

こんな風にそのときの感情を残せるのもまたブログのいいところですからね。

というわけでおしまい。