中卒が手に職をつけた方がいいと言われる理由を体験談から語ります

あ、どーもサンタク(@santaku817)です。

ぼくは過去を振り返って後悔することがほとんどないタイプ(それだけテキトーに生きてる)なんですけど、ひとつだけ後悔してることがあります。

それは『ひとつのことを続けてこなかったこと』です。

ぼくの最終学歴は高校中退で、いわゆる中卒。

高校を辞めたときに親から言われた言葉があります。

中卒は手に職をつけた方がいい。

今この記事を読んでる中卒のあなたも、一度は言われたことがあるのではないでしょうか。

手に職ってなんだよって当時は思ってたんですけど、30才を過ぎた今になってその意味がよくわかりました。

高校を中退してからこれまで、10回以上の転職を繰り返してきたぼくが、なぜ中卒は手に職をつけた方がいいのか。

そもそもなんですけど、『手に職をつける』ってなんだろうと思いません?

ぼくはこの言葉の意味がいまいちよく理解できませんでした。

若いうちは仕事なんていくらでもあったんですよね。選ばなければ。

ふと30才ぐらいのときに、自分の将来はこのままでいいのかなんてことを考えたんですよ。

ちょっと新聞屋の頃の話をしますね。

新聞の営業大会で優勝したけど…

当時は新聞屋に勤めてた頃で、毎日のように新聞配達したり営業したりなんてことをやってました。

  • 新聞を効率よく配達することができる
  • 新聞の営業でいい成績を出せる

こんなのは仕事をしてれば誰だってできるようになるから当たり前のこと。

ちょっと自慢しますが、ぼくは関東の新聞屋が70店舗ほど集まる営業大会で優勝したことがあります。

まる一日知らない土地で地図だけを頼りに訪問営業する大会。

時代錯誤ですよね(笑)

でも新聞屋はこれしか売り方を知らないんです。

たしかに訪問営業が厳しい今の時代に、新聞屋の営業大会で優勝するのは簡単なことではありません。

めちゃくちゃ頑張ったもん(笑)

でもね、こんなの何のスキルでもないです。

極論を言えば『誰でもできること』を愚直にやっただけなんです。

自分がやったことと言えば、ひたすら訪問して頭を下げるだけ。

どうして今この場で契約してほしいのか、その理由を熱意を込めて伝えるだけのことなんですよ。

本当にそれだけです。

それをサボらずに件数こなせば自然と成果に繋がるのが訪問営業。

言ってしまえばたかが新聞のセールスなんですよ。

一日130円の商品を売るのにテクニックなんて不要。

資格も何もいらない営業は、誰でも稼げるチャンスはあるけど、この人にしかできないという仕事でもないんですよね。

じゃあ手に職をつけるって何よ?

結論から言うと、手に職をつけるとはあなたにしかできない技術を身につけることです。

とは言え、あなたにしかできない技術といっても抽象的すぎてよくわからないですよね。

わかりやすく言うと資格取得です。

特に『士業』と言われる資格は持ってるだけで超有力ですよ。

  • 弁護士
  • 会計士
  • 税理士
  • 社会保険労務士
  • 行政書士

などなど。

国家資格なので資格取得の難易度はかなり高めですが、これらの資格をもってれば今は食いっぱぐれることもありません。

資格取得はちょっと…という方はこんな選択肢もありますよ。

建築関係の技術を磨く

ぼくの周りの中卒で成功してる人たちは建築関係が多いです。

  • 塗装工
  • 水道工
  • 内装工

この辺りが技術力は必要だけど、世の中からも求められやすい仕事ですね。

記事冒頭にも書いた通り、ぼくの後悔はまさにここなんですよ。

高校を中退して最初に就いた仕事が住宅塗装の仕事(派遣を除く)

いわゆる『ペンキ屋さん』です。

ぼくはこの仕事が楽しくて大好きだったんですよ。

自分たちの力で家がキレイに仕上がっていくのを見るのが好きだったんですよねぇ。

好きだったのに辞めちゃいました。

理由は給料が安かったから。

1日8000円の日当では我慢できなかったんですよね。

今の自分が家庭もなく、自分のことだけを考えて仕事に就けるならペンキ屋さんを選ぶだろうなぁ。

やりがいよりお金を選んだ結果、ぼくの人生はどんどん間違った方向に進んでいったんですけどね…。

あのまま頑張って仕事を続けて、どんどん技術を習得していけば今頃独立して自分の会社を持ってたかも?

なんてことをふとしたときに考えることもあります。

まとめ

『長くひとつの仕事を続ける=えらい』ということを言いたいわけじゃないんです。

やってみて合わなければ辞めた方がいいことを前提に話しますが、楽しいと思える仕事なら唯一無二の存在になれるぐらい頑張った方がいい。

ぼくが言いたいのはそれだけ。

その仕事が技術力や資格が必要なものならなおいいですね!

ぼくはふらふらといろんな業種に転職を繰り返してきたから、身についたスキルが何もありません。

これから中卒が生き残るには間違いなく『手に職』ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA