ドライブ観光

千葉県で絶景の星空を見るなら東浪見(とらみ)海岸に行こう!

あ、どーもサンタクです。

千葉県で最高の星空が見れる場所、知ってますか?

関東近郊で星空を見ようと思ってネット検索すると、千葉県一宮市にある「東浪見海岸」という場所が上位に出てきます。

ぼくら家族はこの場所が大好きで、ふとしたときに行きたくなるんですよねぇ。

東浪見海岸の読み方

東浪見と書いて『とらみ』と読みます。

東浪見海岸までの行き方や住所

住所:千葉県長生郡一宮町東浪見
駐車場:無料

千葉県の外房に面した位置にあります。

特に目立つ看板などはありませんので、夜間に行く場合はスピードを落として慎重に探さないと通り過ぎてしまうかもしれないのでご注意を。

千葉県一宮市まで深夜に急遽ドライブへ

f:id:liberted621:20180223143658j:image

自宅からこの場所まで片道1時間半なので、手ごろな時間かなと思ったので行ってみました。

道中コンビニに寄りつつ、妻とは他愛のない会話で盛り上がる。

お互いに仕事があったり家事、育児に追われてるとなかなかゆっくり話をする時間もとれないので、たまにはこんな時間をつくるのもいいものですよ。

サンタク
サンタク
ぼくは車の中の時間が好きです

iPhone 8 Plusのカメラで奇跡のショット

f:id:liberted621:20180223142553j:image

この写真、iPhone8Plusのカメラで撮影しました。

海辺に映った月がすごく神秘的な写真で気に入ってます。

ここまでキレイに見える日はそんなにないだろうなぁ。

コンデジも持っていきましたが、能力不足で星空撮影はできず。まあ当然ですね。

星空撮影はシャッタースピードが重要なので、キラッキラの星空を形に残すなら一眼レフカメラの購入がマストです。

初心者におすすめはこちら。

結局、星空を写真に残すことはできませんでしたが、こどもたちにもしっかり見せることができたので良しとしましょう。

娘はキラキラしたものが好きで、星空を見ては指さしながら何か話していたので気に入ってくれたのかなと勝手に思ってます。

寒いのが苦手な息子はちょこっと外に出てみたもののすぐに車に戻ってしまいました。

まあほんのちょっとでも星空を見て喜んでくれてたので行った甲斐はありますね。

真冬の海岸は想像を絶する寒さなので、星空観察に行くときは万全の防寒体制をとった方がいいですよ!

東浪見海岸は夜景の人気スポット

さすがに真冬の夜中に海岸に星を見に行くようなもの好きはいないだろうと思っていたのですが、着いてみてビックリ!ふつうに人がいました。

海岸の手前に広めの駐車場があるのですが、車中泊してる人の車が結構停まってたんですよ。

駐車場敷地内にトイレもあるし車中泊にちょうどいいんですかね。

ちなみに近くにコンビニは見当たりませんでした。もし車中泊で使うなら事前準備はしっかりしていった方がよさそうです。

車の出入りも多いので、こども連れの人は注意した方がよさそうです。

街灯がほぼないので、車のヘッドライトを消すと何も見えなくなります。こどもからは絶対に目を離さないようにしてくださいね。

子ども用のハーネスがあると便利ですよ!

長男が歩き始めた頃に我が家では大活躍してくれました。

海外では子どもの安全のためにハーネスをつけるのが当たり前なんですって。

まとめ:千葉県にはまだまだ知られてないスポットがたくさんある!

f:id:liberted621:20180223144430j:image

生まれてからずっと千葉県ですごしてきたぼくですが、まだまだ千葉のいいところを見つけられていません。千葉は広いですね〜。

東浪見海岸は、関東近郊で星空スポットをお探しの方にはぜひオススメの場所です。都心からでも2時間かからないぐらいで行けるんじゃないかな?

恋人どうしのデートにも家族連れでレジャーにも楽しめる場所です。

広場入り口に目印が特にないので、夜間はちょっとわかりづらいかもしれません。

九十九里ビーチライン沿いに走って「釣ヶ崎海岸広場」という看板を目印にして探してみてください。

その看板を曲がった先には絶景が待ってますよ!