爪が剥がれてから生えるまではどれぐらい?1ヶ月ちょっと経過した状態を大公開します

剥がれた爪が生えてくるまでの期間

あ、どーもサンタクです。

仕事中の不注意で指をケガしてから早1ヶ月。

指の状態は少しずつ良くなってきました。

 

ケガした当時の状況はこちらをご覧ください。

関連記事:【閲覧注意】爪が剥がれてから2週間ちょっと。ついに包帯が取れました!

機械に挟んで指先がぱっくり避けたことで、爪も剥がれちゃいました。

抜糸とか超絶痛かったですからねぇ…。

 

ケガしてから包帯がとれるまで約2週間。

包帯がとれてからここまでで約2週間の、合わせて4週間ほど経過した今の爪の状況を記録しておきます。

何らかの理由で爪が剥がれると、本当に生えてくるのか不安ですよね。

時間が経つにつれて少しずつ爪らしきものは生えてきてますが、いつになったら元に戻るのか…。

そんな不安の真っ只中にいるぼくの爪はこちら。

1ヶ月で半分ぐらい爪が生えてきた

包帯がとれたばかりのときはこれ。

爪が剥がれてから生えるまで

これが

爪が剥がれてから生えるまで

こうなったわけですね。

まあまあキレイになってきたのではないでしょうか。

まだ見た目的にはグロいですけどね。

完全な『爪』とは呼べないものの、薄い膜のようなものが少しずつ硬くなってきました。

お風呂入ってふやけてるときに触るとまだ痛みは感じます。

完全に元通りになるにはまだまだ時間がかかりそうですね。

日常生活はほぼ支障なし

ケガしてから1ヶ月ちょっと経って、どうにか日常生活も支障なくこなせるようになってきました。

最初の頃なんかは自分じゃ何もできなかったですからねぇ。

お風呂も入れないし箸も使えないし。

うんこした後ケツ拭くのすら大変でした。

関連記事:手をケガした人にしかわからない。利き手が使えなくて困ることランキング

それが今じゃお風呂も入れるようになったし、箸も少しずつ使えるようになってきました。

まだ力入れたりぶつけると痛いから、箸で硬いものを切ったりはできないですけどね。

普通にご飯食べるぐらいはできます。

やっぱりご飯は箸で食べた方がおいしいですね!

ケガをしたことで得たもの

この1ヶ月でずいぶん左手が器用になりました。

これは思わぬ副産物でしたね。

右手が使えない間は仕事も左手一本だし、ブログ書くためのスマホのフリック入力も左手操作。

とはいえ、利き手、逆手問わずどちらか片方の手が使えない状態というのは本当に不便だなーと痛感しました。

3歳の娘抱っこするのも片手じゃ大変だしね。

いつ何が起きるかわからないから、健康なうちに左手を上手に使う練習しといた方がいいなと感じました。

https://santaku8.com/tenokega/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA