職場の人間関係を円滑にするコツは私情を完全に排除すること

どーもサンタクです。

世間は今日から三連休。そんな中でもぼくは変わらず仕事をしてました。

三連休?なにそれおいしいの状態。

クソ企業シリーズを着々と書き続けていますが、今回は「人間関係」について書いていきます。

好き嫌いで職場の人付き合いするのは仕事にいい影響は皆無だからやめた方がいいよ!って話。

職場の人間関係に感情をもたない

好きとか嫌いとかって職場の人間関係には必要ないんですよね。

仕事を円滑に進めるためには最も排除しなければいけない感情が「私情」です。

好き嫌いの感情や、うまくいってる誰かを羨む気持ちから「嫉妬心」が芽生えてきます。

こういった感情ってホントに邪魔でしかないんですよね~。

嫉妬心からくだらない競争心が生まれて、足の引っ張り合いに発展していく。非効率的にもほどがあります。

職場の人間関係は友人とはちがうので、誰に対しても特別な感情を持たない方が業務は円滑に進みます。

あくまでも自分は自分。

負の感情は伝播しやすいから特に気をつけましょう。

相性の悪い人とはなるべく関わらないようにする

とは言っても、人には相性があるのは仕方ないこと。10人いれば1人ぐらいは馬が合わない人もいますよね。

仕事のデキない人に限って相性悪い人に突っかかっていくんですよ。

どうにかしてその相手を蹴落としたいから。

そもそも仕事がデキる人は苦手な人と関わろうとしません。

時間がもったいないし、根本的に相性が悪い人としっかり話し合って人間関係を構築することに時間を割きません。

自分の貴重な時間を嫌いな人のために使うなんてしないですよね?

苦手な人には近寄らない。これを徹底するだけで職場の人間関係はずいぶん楽になりますよ。

まとめ:人には期待しない

「あの人に裏切られた」

そう感じることってありますよね。

そもそも裏切られるという感情はなぜ生まれるのかを考えてみると相手に期待してるからです。

あの人はきっとこうしてくれるだろうと自分の都合で一方的に期待するから、相手が期待に応えてくれなかったときに落胆するのです。

期待しないで楽に生きましょうよ。

https://santaku8.com/munou-joushi/

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA