コラム

闇営業問題で吉本の芸人が淘汰されるのは業界が発展するいい機会だと思う

闇営業 宮迫 オワコン

あ、どーもサンタクです。

カラテカ入江氏が詐欺グループの会合に芸人を仲介した『闇営業問題』は既報の通り。

続報的な感じでこんなニュースを見かけました。

「吉本興業には所属芸人が約6000人います。飽和状態のまま上の世代がつかえていたら、ボクらはいつまで経っても日の目を見れない。先輩芸人は尊敬すべき存在ですが、弱肉強食の世界ではライバルでもある。ある意味、今回の闇営業問題は、お笑い界で淘汰が始まるいい機会になるんじゃないかと思うんです」(ある芸人)

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190707-00000009-nkgendai-ent

これって業界的にも視聴者的にもいい傾向だなぁと感じたので、ぼくの感想をまとめておきます。

吉本芸人ゴリ押しのテレビにはうんざり

最近はほとんどテレビを見る機会がなくなったぼくですが、何気なくテレビをつけて目にするのは吉本芸人とジャニーズタレント。あと韓国タレント。

芸能人のマネジメント事務所の大小や力の差があることは理解できますが、正直ゴリ押し感が否めないんですよね。

2019 上半期TV出演ブレイク本数ランキング

1位 142本増 霜降り明星
2位 126本増 有働由美子
3位 96本増 Mr.シャチホコ
4位 78本増 EXIT
5位 74本増 チョコレートプラネット
6位 69本増 瀬戸康史
7位 68本増 小手伸也
8位 67本増 安藤サクラ、ゆきぽよ(木村有希)
10位 65本増 朝日奈央

※赤字は吉本興業所属タレント

出典:ORICON NUWS

このランキングを見てもらってもわかるとおり、トップ10に吉本所属のタレントが3組もランクインしてますよね。

ここは超主観的な意見になるんですけど、霜降り明星キライなんですよ(笑)

粗品はまだいいんだけど、M-1グランプリのときのせいやのうるさい感じを見てからちょっとね…

吉本の芸人がキライなわけではない

こんな記事を書いてるとぼくが単に吉本嫌いなように見えますが、そういうわけではありません。

  • ダウンタウン
  • 明石家さんま
  • 雨上がり決死隊
  • ロンドンブーツ1号2号
  • 今田耕司
  • 東野幸治
  • 千原兄弟

などなど。好きな吉本タレントはたくさんいます。

特に東野幸治の誰も傷つけない笑いのセンスとか大好きなんですよ。

ポストが空けば他の才能が日の目を見れる

ホントはめちゃくちゃ面白いし、もっと世間の注目を浴びてもおかしくないような芸人さんはたくさんいるはずなんですよ。

なのに、今のテレビ業界は事務所の力の差でテレビに出られるかどうかが変わってくるという捻れた状態が続いています。

今回、闇営業問題が明るみに出たことで吉本興業に非難の目が向いて淘汰されていけば、今までは出てこれなかった才能にもチャンスが回ってくるかもしれません。

週刊誌はもっと芸能界の糾弾に尽力してほしい

芸能人の不倫報道とかはぶっちゃけどうでもいいんですけど、今回の闇営業のような問題はもっと突っついてほしいと思ってます。

反社会的勢力の会合に知らないうちに出てしまったのはしょうがないと思うし、仕事として参加してるならギャラをもらうのも当然。

今回の件の何がダメだったのかと言えば、ギャラは貰ってないと嘘をついたことです。

特に、参加者の中でも立場が強い宮迫がギャラを貰ってないと言っちゃったら、他の後輩芸人は合わせるしかないですからね。これは罪深い。

こういう情報を引き出すためにも、週刊誌にはもっと頑張ってほしいと思ってます。