コラム

有給取得は労働基準法で定められた権利。違法なブラック企業は廃業するべき

有給をとれるかどうかをクイズで賭けてた企業が話題になってますね。

この提案をした上司は何を考えてたのかさっぱりわかりませんが、ぼくも似たような状況の会社に勤めてるので、この話題については触れずにはいられませんでした。

ちなみに元ネタの記事はこちらから読めますので、気になる方は読んでみてください。

職権乱用、パワハラ、モラハラ…。

ブラック企業の縮図のような内容に開いた口が塞がりません。

有給取得のチャンスだと思ってしまうあたりに企業のブラック体質が見える

クイズを出された部下は「チャンスと思った」とのことだが、本来自分が正当に休むことができる有給休暇をクイズの景品にされては、溜まったものではない。

出典:「正解で有給休暇付与」のクイズ実施 パワハラ的なブラック企業ぶりに怒りの声

有給って、本来は労働者にとって当たり前に取得できる権利なんですよね。

会社の就業規則によっては繁忙期の取得はダメなんてところもありますが、原則、労働者は有給を自分のタイミングで取得できるし、休む理由を会社に伝える義務もありません。

それなのに、本来は当たり前に行使できる権利を会社側がコントロールしようとしてるジャパンビバレッジはブラック企業認定。

とはいっても、ジャパンビバレッジのような企業はたくさんあります。

こういった環境で働いてる人が、会社から洗脳を受けたような状態になってしまうのも無理ないです。ぼくも気持ちはわかりますから…。

新聞販売店は有給取得ゼロ

ぼくが勤めてる新聞販売店も同じで、有給を取得できたことは一日たりともありません。

風邪で一日でも休めば一日当たり1万円を基本給から引かれます。有給も使えないうえに拘束時間が一日平均13時間を超えるような会社で、風邪をひくのは自己管理不足だとでも言いたげな会社。

いや、これだけ劣悪な労働環境で風邪ひくなって方がおかしくね!?

そもそも社長の独裁政治なので、すべてのことが社長の機嫌一つで決まるという典型的なブラック企業。

夏休みをとるのですら社長の機嫌を伺いながらですからねぇ…。有給も与えないクソ企業のくせに、夏休みまで社長の機嫌ひとつってどんだけだよ。

夏、冬合わせて長期休暇は4日。つまり、夏休みは公休合わせて3日しかありませんでした。年間休日数は50日ぐらいかな?

労働者の権利を行使させない企業は淘汰されるべきだと思う

ぼくはねぇ、労働基準法を守れない企業はどんなに大きな企業だとしても廃業するべきだと思ってるんですよ。

過労死問題なんかも騒がれてる中で、法律を守れない企業がなぜ残ってるのかがわからない。

きっちり法律を遵守していれば過労死になるような被害者は大幅に減るはずなんですよ。

膨大な仕事に追われて仕方なく毎日何時間も残業。それが続いて睡眠不足からうつ病を発症、最悪の場合は自殺に追い込まれる人もいます。

これはブラック企業から逃げ出さなかった人が悪いという意見もありますが、絶対にそんなことはありません。そんな企業体質を改善できなかった経営者の責任です。

過労死するほど従業員を追い込んでる経営者は、間接的に殺人を犯してることに早く気づいた方がいいですよ。

「あ、やばいな」と思ったらブラック企業から逃げ出す勇気を持ってください

ぼくはこれまで何度も転職を繰り返してきました。

高校中退のぼくが家族を養っていけるほどの収入を稼ぐには、どうしてもブラック企業体質の会社に就職するしかなかったんです。

  • 長時間拘束で残業代を稼ぐ
  • 基本給が高い分、拘束時間が長い
  • 日給月給でパワハラは当たり前の現場仕事

これらはよくあるブラック企業の代表例ですが、ぼくもこんな仕事をたくさんしてきました。

何一つとして極めるほどの仕事はしていませんが、多くの業界を覗けたことは人生経験としてよかったことだと思ってます。

ぼくは踏ん張れなかったから転々と職を変えてきたわけですが、ブラック企業とはまともに向き合っちゃダメなんですよ。

たとえ今目の前の仕事から逃げ出したとしても、仕事は選ばなければ何でもあります。

生きてくことはできます。

それよりも会社に押しつぶされて死を選ぶようなことだけはやめてくださいね。

会社に雇われて生きるサラリーマンなら、自分を会社から守る武器として労働基準法は知っておきましょう。

このあたりの本がわかりやすくまとめられてるので、うちの会社もしかしてブラック企業かも?と心当たりのある人は読んでみてください。