ライフハック

【おすすめ】朝活初心者が続けるコツは緩く甘くがポイントです

朝活 コツ

あ、どーもサンタク(@santaku817)です。

ゆるい朝活推進委員会会長です。

ぼくはサラリーマンブロガーなので、昼間は会社で仕事してます。

仕事を終えて家に帰っても『よし、ブログ書こう!』という元気はなかなか湧いてきません。

それならどうすればいいか考えました。

 

そうだ!ブログは朝書けばいいんだ!

そうです。これがぼくの朝活の原点です。

 

ぼくは朝起きて活動を始める前に必ずツイートしてます。

ツイートを始めたのはこの辺のツイートからかな。


いや、起床て。誰に報告してるん。

まだこの『起床』ツイートを始めてから日は浅いけど、朝活自体は何だかんだ3ヶ月ぐらいになりますね。

んで、ツイートの日付をよく見てほしいんです。

ここに貼ったツイートは、いくつかを抜粋して貼ってるわけじゃなくて、ぼくが起床ツイートを始めてから今までのツイートを全部貼りました。

ところどころ抜けてる日付があることに気づきました?

 

これ、ツイートしてない日は朝活してません。

普通に寝坊してたり、前日寝る時間が遅くなったときは無理して朝活しないようにしています。

そのあたりの理由はこちらの記事に書いてあるので、気になる方は読んでみてください。

早起きのコツや朝活が捗るおすすめ睡眠グッズを紹介しますあ、どーもサンタク(@santaku817)です。 起床。 — サンタク@中卒30代の転職 (@santaku817) 2019...

朝活を続けるコツはルールを作りすぎないこと

朝活初心者にありがちなんですけど、張り切りすぎちゃうんですよね。

ぼくも最初はそうでした。

  • 毎朝必ず○時に起きる
  • 起きたらあれやってこれやって…(ルーティンを先に決める)

こんなスタートだとまず長続きしません。

 

もっと自由でいいんですよ。

誰が見てるわけでもないんだから。

まずはいつもより1時間早く起きてみよう。これぐらいの気持ちで始めてみてはいかかでしょうか。

実際、朝の1時間ってものすごい貴重じゃないですか?

 

仕事の時間ギリギリまで寝ることの幸せもぼくは知っています。

それでも、朝活をしてる今は趣味の時間も充実してるから、ギリギリまで寝てた頃よりも毎日の幸福度は格段に上がりました。

朝活は自分に甘くていい

ルールを作りすぎないことが朝活を続けるコツだと書きました。

朝活なんて100%自分のための時間なんだから、自分に甘くていいんですよ。

 

明日朝早く起きれたらウォーキングでもしようかな。

これぐらいの気持ちでやってないと、朝活がストレスの原因になってしまうんですよ。

 

せっかく趣味の時間を朝作って、一日の充実度を高めようとしてるのに、逆にストレスになるようなら朝活なんてやらない方がマシです。

『自分に甘く』これこそが朝活を続ける秘訣。

 

好きなこと、やりたいことのためなら自然と早く起きれるから、そんなに自分にプレッシャーかけなくても大丈夫ですよ。

とはいえ、サボりすぎても意味がなくなります。

だから『3日以上はサボらない』などと、これもゆるくルールを決めておくといいでしょう。

朝活をする目的を明確にすること

何のために朝活するのか。

目的が明確なら割と続けやすいですよ。

例えばぼくの場合、朝活する理由は『ブログを書くため』です。

仕事を終えてから夜書くこともできなくはないけど、子どもたちが寝るのも遅くなってしまうし、疲れた状態でブログ書いててもつらいだけなんですよね。

 

それならいっそのこと朝早い時間帯にブログ執筆の時間をもってきてしまえ!

 

そうして朝活をするようになってからブログの生産性が上がりました。

こんな風に朝起きたときに目標をツイートすることによって、まずはブログ執筆に集中するように自己暗示をかけます。

一度発信した以上、あとには引けません。

今朝は結果的に集中しすぎて10分オーバーしましたが、まっさらな状態から一記事仕上げるところまでいけました。

 

このように『何のために朝活するのか』が明確になってると、朝起きることが苦ではなくなります。

 

余談ですが、朝活で趣味の時間を充実させようとすると、今まで夜更かししてたのが嘘みたいに夜早く寝るようになりますよ。

ぼくは今まで日付が変わってもだらだらと酒を飲んで、翌朝は出勤時間ギリギリに起きてバタバタと家を出るような生活をしていました。

それが今では遅くても23時前には確実に寝てます。

明日の自分のために今日は早く寝るという意識が強くなったような気がしていますね。

 

朝活は自分のライフスタイルに合わせて余暇時間をつくるための手段なので、夜がコアタイムの飲食店などに勤めてる人が無理してやるものでもないです。

目的を達成するための手段ということだけは忘れないでくださいね!

早起きのコツや朝活が捗るおすすめ睡眠グッズを紹介しますあ、どーもサンタク(@santaku817)です。 起床。 — サンタク@中卒30代の転職 (@santaku817) 2019...