中卒サラリーマンの仕事の話

仕事に不満が溜まったら前職と比較してみると楽になるよ!

仕事の不満 解消したい

あ、どーもサンタクです。

年間休日60日未満、拘束時間が14時間/日のブラック企業から、年間休日110日、毎日定時上がりの会社に転職して半年が経ちました。

ただし、額面年収は前職の方が200万円近くも高かったです。

どっちの方が幸福度が高いか、圧倒的に今の会社なんです。

そりゃそうですよね。だって休みの数が倍以上増えてるんだもん。

でも、人間って一度楽を覚えるともっともっとと際限なく求めてしまうんです。

前より倍以上休みが増えたのに、週の真ん中にも休みがほしいなぁとか思うぐらいには甘ったれなんです。

そんなときに、対処法として意識的にやってることを紹介してみます。

サンタク
サンタク
新卒入社から今の会社一筋!という人には使えない方法なのでご了承ください。

前職を辞めた理由を思い出す

前職のどんなところが嫌で辞めたのか。

その理由を思い出してみましょう。

  • 休みが少ない(週休1日、有給ゼロ)
  • 労働時間が長い(1日平均14時間、オールで仕事のときもある)
  • 社長がクソ(理不尽大魔王)
  • 上司がクソ(社長の甥っ子。マジクソ無能)
  • 事務員がクソ(社長の甥っ子の母ちゃん。マジで○んでほしい)
  • 営業成績が良くても待遇に差がない
  • 労働基準法?なにそれおいしいの?
  • ボーナスは社長の気分次第

これらはぼくが前職を辞めた主な理由です。

会社の待遇だったり、人間関係に嫌気がさして辞めました。

ちなみに、運悪くマジクソ無能上司に当たってしまった人向けに対処法を書いてます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

前職の不満をひたすら話す

パートナー(奥さん、旦那さんなど)がいる人は、前職のこんなところが嫌だったという話をとことんしてみましょう。

ぼくは妻とその話をすると、一晩中話してられるぐらいネタがあります(笑)

拘束時間が長かったり、休日日数が少ないというのはそこで働く本人だけが不満に思ってるわけではありません。

生活を共にするパートナーも同じように不満に思ってることの方が多いです。

今さら辞めた会社のことなんて…と思うかもしれませんが、結果的に今の環境に感謝できるようになるので、おすすめの手法です。

今の会社のいいところを思い出す

前職の不満をぶちまけたら、反対に今の会社のここがいいんだよなぁというポイントを挙げてみましょう。

  • 毎日定時で帰れる
  • 労働基準法を遵守してる
  • 休日日数が多い(有給もほぼ問題なく消化できる)
  • 営業職とちがって精神的な疲労が少ない
  • 理不尽な上司がいない
  • 人間関係の距離がちょうどいい
  • ボーナスがちゃんと支給される

ぼくの場合のことを例に挙げるとこんな感じです。

前職の嫌だったところの大部分は転職で改善されました。

パートナーと共有してみる

今の会社のいいところを、パートナーと話してみましょう。

このとき、前職のここはマジでクソだったよねぇなど、比較しながら話すとより効果的です。

そうやって話してるだけで、不思議なことに今の会社がどんどん持ち上げられていきます。

前職がクソな会社であればあるほど効果は高いですね。

あれ、今の会社って神じゃね?ってなる

何が嫌で前の会社を辞めたのか、何がよくて今の会社を選んで入社したのか。

奥さんや旦那さんなど、パートナーがいる人は口に出して話してみることが大切です。

自分ひとりだけじゃ見えてこなかった良いところ、悪いところが見えてきます。

ちゃんと口に出して話すことで、前のクソ会社(個人的な感想)に比べたら今の会社って最高じゃん!

って結果に落ち着くのがぼくのパターン。

これだけで、つらいなぁと思ってた仕事でも不思議と楽に感じるようになっていきます。

前職と現職の比較で今の環境に感謝する作戦。おすすめです。

就活のための自己理解
自分に向いてる仕事が見つからないと思ったらやってほしい無料でできる適職診断30代になると突然、立ち止まって自分の人生を見直したくなるんですよね。 ぼくは2018年9月に退職して2ヵ月ほど遊んでました。 ...